ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

2010年 11月 19日 ( 1 )

野口整体 操法の記録 第5回目

前回の操法で、右足親指の動きが鈍いことを指摘下さいました。
ここは排泄と深く関係していて、
この動きがよくなれば、排泄がもっとスムーズに出て来ると。
その後、この言葉通り、
次から次へといろいろな形で排出反応が出ています。
(その内容はこちら
状況を伝えながら指導につくと、
先生が愉気をしながらおっしゃいました。

今、まさに自分自身で体を変えようとしているところです。
このまま活元運動を続けて下さい。
ただ、これから本格的な体の掃除に入ると思います。
特に、びっくりするくらい下すことになるでしょう。
でも、それを経過すると、
体全体で「緩んだ〜」と感じることができます。
そして、「体が変わった」と実感するはずです。
これからさらにつらくなると思いますが、
その快感を味わえることを楽しみに、経過を観察して下さい。
注意点は、
○内くるぶし付近を絶対に冷やさないようにすること。
○水分補給を心がけること。


・・・。
これからが本番って?
これからがつらくなるって?
い、い、い、一体どんな経過を辿るのでしょう?

水分補給に関しては、
マクロビオティクと相反するような気もしますが、
喉が渇いたら、我慢せず水分をとろうと思います。
(もともと、あまり我慢はしてないのですが)

自分自身で体を治そうする力が強く、
かなり早いスピードで排出反応が出ているとのことですが、
私は、ただ単に、
私自身の治癒力や活元運動だけではないと思っています。

むそう塾と出会い、
中川式玄米が炊飯できるようになり、
消化吸収の良い玄米ご飯を「主食」としていただくようになった。
玄米ご飯、味噌汁、糠漬けという「三種の神器」が基本食となった。
幸せコースに通うようになり、
日本料理が食卓に並ぶ食生活になった。

このことがとてもとても大きく大きく影響していると思います。

もしも、以前のような食生活を送っていたなら、
野口整体、活元運動の効果は半減していたと思います。

野口整体とむそう塾。
このコラボが相乗効果となり、
早い段階で排出反応が出ているのだと思っています。

私にとってこの2つの出会いは、
きっと、このタイミングがベストだったんだなあ〜。
そう思えてなりません。
by kozo-track | 2010-11-19 23:01 | 野口整体