ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

2010年 11月 07日 ( 2 )

これいいです! (追記しました)

昨日の幸せコースの煮物を、この容器でお持ち帰りしました!
f0213367_9105089.jpg

f0213367_9111157.jpg

煮汁が漏れない構造になっていてとっても便利!

容量、深さ、大きさ・・・いろいろあります♪
遠方から来る方に特にオススメです〜♫

・・・とこの記事UP後、
ツイッターで別のオススメ容器の紹介がありました!
こちら
こちらの方が洗いやすそうで、
さらに使い勝手がよいかもしれません。
私が購入したものは、分解洗浄タイプの為、
洗うのに少々時間がかかります。
でも普段、圧力鍋で玄米を炊かれる方にとっては気にならない程度?
いえいえ、こういうものは便利なことにこしたことはありませんね。
ご紹介下さった方、ありがとうございます〜♫

by kozo-track | 2010-11-07 09:18 | 道具

幸せコース7時限目

f0213367_651371.jpg

f0213367_6513660.jpg

f0213367_652958.jpg

ほんまもんの仕上がり&盛りつけはこちら
私たち土Aクラスの楽しい様子はこちら

盛り付けも大事だなあ・・・。見比べると美味しい顔の違いがわかります。

特に筑前煮の盛り付け。
盛り付けの口伝もいただきましたが、
そのようには・・・なってません涙。

コトコトと煮物が煮えてくるのを見ながら、
今まで私は日本料理を作ってこなかったこと。
日本料理のいろはの「い」も知らなかったこと。
そして、
日本料理ほど、陰陽がいたるところに含まれているお料理はないのかもしれない。
そんなことを思っていました。

コトコトじっくり煮るという時間の陽。
根菜の陽、調味料の陽、温度の陽、圧の陽、
いろんな陽を染み込ませる。
優しく優しく。

でも、私はこのせっかくの優しい陽のお料理を、
何故か陰に陰にお料理してしまうのです。

煮物は玄米炊飯のように人が出て来る。
じっくり時間をかける料理ほど人間が出る。
私が実習で作った煮物は、
まさに今の私を反映していた煮物でした。

優しい陽。
ほんまの煮物が作れるようになる為には、
復習も大事。
でも、同じくらい大事なことがある。
それを教えていただきました。

そして、基本は玄米炊飯。
by kozo-track | 2010-11-07 07:25 | むそう塾