ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今週のお花

今日は、8月31日。

小さいころ、この日は特別でした。
夏休み最後の日のお楽しみとして、
ファミリーレストランに行くことが恒例でした。

お家の近くに2軒あって、
毎年どっちにしようか、妹とわくわくしながら決めたことを懐かしく思います。

毎週アレンジして下さるお花屋さんと、
「今日で8月も終わりですね。」と話していたら、
ふとその頃の光景が蘇りました。

小さい頃の楽しい思い出。
f0213367_2045386.jpg

by kozo-track | 2013-08-31 12:57 | お花

蛸飯

蛸がこんなに旨みたっぷりだったなんて!

蛸飯は、それ用の出汁を配合し、
その味つけで食べるものだと思っていました。

蛸を邪魔しない程度で、余計な味つけは一切なし。

たっぷりの新生姜とともに。
この時期にいただく、旬の味。
f0213367_231432.jpg

by kozo-track | 2013-08-29 23:07 | 料理

フジッリ

どうしても「フリッジ」といってしまう私です。(汗)

くるんっとカールしたフジッリの凹に、
ひじきがちょこんと入り込む。
一体になっていくその様にいつも顔が緩んでしまいます。
美味しそう♪

トウモロコシも加わって、地味な色が鮮やかに。

芽ひじきのパスタ。
絡める(絡まる)のは、ソースだけではなかったんだぁ!
f0213367_8335823.jpg

by kozo-track | 2013-08-28 08:40 | 食材

夫婦鳩

平和の象徴、鳩が2羽。
寄り添っている姿がとっても愛らしくて、
見ているだけで穏やかな空気が流れます。

九谷焼は大好きな焼き物の1つ。
優しいタッチの黄色とピンクが、
選んで下さった方のお人柄をあらわしています。

嬉しい嬉しいおくりもの。
f0213367_061610.jpg

by kozo-track | 2013-08-27 23:06 | いただきもの

梅紫蘇パスタ

お料理名に出てこないのだから、
みょうがの味がガツンとしちゃうとアウト。
みょうがの味が残ると美味しさが半減しちゃうような気がします。
ほのかに香るくらいがちょうどいい。
あくまでも添え物。

そのためには、やっぱり薄く刻まないと。
シルキーに、舌触りよく。

あーん、まだまだだぁ。
f0213367_20639100.jpg

by kozo-track | 2013-08-25 08:00 | 料理

秋のかお

残暑は厳しいですが、確実に季節は秋に向かっているんだなぁ。

夏野菜の表情。
そよぐ風。
ふと目にするもの、ふと肌に感じるものが、秋を思わせてくれます。
今日から、玄米炊飯も秋仕様に。

初めて愛クラスに参加してから、丸4年。
今日から、私はむそう塾生5年生。
f0213367_10373340.jpg

by kozo-track | 2013-08-24 11:09 | 玄米

今週のお花

オレンジ色のお花は「姫ひまわり」と言うそうです。
ひまわりは夏の代名詞ともいうべきお花だけれど、
この姫ひまわりは、ちょっと秋を漂わせる雰囲気があります。

季節は秋へ。
f0213367_19554037.jpg

by kozo-track | 2013-08-23 19:58 | お花

キャベツとちりめんじゃこのパスタ

私、和風パスタが嫌いでした。
パスタを食べるのになぜ和風にしないといけないの?
パスタをうどんに替えても食べられるじゃない!
なんだか、ものすごーく中途半端で、
お店で選ぶことも、自分で作ることもありませんでした。

でも、教えていただいたこのパスタは、
何度でも作って食べたい!なお味。
しかも、パスタじゃないとダメ!なお味です。

お箸でいただくパスタ。
バランスが整っていれば、和風でも美味しいんだなぁ。
f0213367_15401941.jpg

by kozo-track | 2013-08-22 16:02 | 料理

擂る

すり鉢とすりこぎ。

当たり前のようにキッチンにあって、
頻繁に使うようになったのは、
京都でお料理を教えてもらうようになってから。

それまでは、その存在すらも忘れていました。

胡麻和えは、市販のすりごまで作っていたし、
酢味噌にいたっては、市販の酢味噌を使っていたなぁ。

すり方は、お料理の数だけあるそうです。
そのくらい、微妙な使い方が幾通りもできることに驚きました。

まずは、基本のお料理。
3年前に教わっていながら、きちんとできていなかったことが判明。
今度はちゃんと身体に覚えさせます。

使わずにいたら、人生損するところでした。

香り豊かに。
味わい深く。
f0213367_1172157.jpg

f0213367_1164141.jpg

by kozo-track | 2013-08-21 15:28 | むそう塾

「和」える

「混ぜ合わせる」とは違うんですよね。

和えものに限らず、混ぜ合わせる工程を、
全て「和える」に意識を置き換えて作ってみたらどうなるのかな?

「和食」の基本中の基本なんだなぁ〜としみじみ思います。
f0213367_11114283.jpg

f0213367_11102212.jpg

by kozo-track | 2013-08-20 11:03 | むそう塾