ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

春キャベツ

菜の花の季節もそろそろ終わり。
今年は菜の花をたっくさん食べました。

今は、春キャベツをよく見かけます。
同じアブラナ科。
柔らかいので菜の花と同じようにパスタでいただきました〜。
f0213367_21315351.jpg

by kozo-track | 2013-04-27 06:39 | 食材

今週のお花

寒色系が爽やさを引き立たせてくれます。
寒々しく見えないのは、温かくなってきたからかな?

明日からGW。
毎年の恒例行事があれこれ待っています。
いろいろな人と1年ぶりの再会。
1年ってあっという間。
f0213367_21202369.jpg

by kozo-track | 2013-04-26 21:31 | お花

鉄火味噌の日

とうとう蓮根が今シーズン終わりをむかえました。
まだまだ課題が残っている鉄火味噌ですが、
鉄火味噌の日はひとまずお休みです。

次は秋ごろかなぁ〜。

飽きもせず、毎日鉄火味噌おにぎりを持って行く夫。
さすがに、夏は欲しないと思うのですが、
彼のブームはいつまで続くのでしょう?
いつまで作り置きが活躍しますかね〜。
f0213367_1715282.jpg

by kozo-track | 2013-04-24 17:22 | 料理

「戻る」から「たどり着く」ところに

むそう塾、上級幸せコース再受講の1年が終わりました。

最後だった昨日、今まででもっとも濃くて深い1日だったような気がします。

最後とは、終了ではなく出発。
覚書の言葉をなぞって作るだけだと気がつかないたくさんのこと。
これらを全部感じ取れるように、新たなステージの幕開けです。

今はまだ、愛クラスに「戻る」ですが、
いつの日か「たどり着く」と言えるように。
f0213367_21404266.jpg

f0213367_2141688.jpg

f0213367_2141317.jpg

by kozo-track | 2013-04-22 21:42 | むそう塾

たけのこちらし

一度作ってみたかったんです。
炊き込みご飯もいいけれど、ちらし寿司もグッド!
旬をたっぷり味わえました。

自然の恵みに感謝。
f0213367_20415359.jpg

by kozo-track | 2013-04-22 01:14 | 料理

ハレクラニでハレクラニを

寒い時期に、温かい土地への旅が好きです。
重ねて着ている服を脱いで、温かな空気を吸うと、ほどけるような開放感に浸れます。

その多くは沖縄ですが、1年前は初ハワイに。

花冷えの日は、なんだかハワイが恋しいです。
サンセットをバックにカクテル一杯。
懐かしい思い出。
f0213367_1392532.jpg

by kozo-track | 2013-04-20 13:14 |

お弁当箱

ちらし寿司をお弁当にしたのは、今年が初めて。

いざ、お弁当にすると、
自宅にあるお弁当箱では、大きさや高さのちょうどがなくて、
結果、野田琺瑯のホワイトシリーズになってしまいました。

お弁当を作り始めて1年とちょっと。
盛り付けはもちろん、段取りやおかずの組み合わせ、彩りなど、
不慣れな点はたくさんありますが、
中身だけではなく、トータル的に美味しく、ということに少しは気が向くようになったのかな?

ちらし寿司に合う、ちらし寿司が映えるお弁当箱、欲しいな〜。
f0213367_2233820.jpg

by kozo-track | 2013-04-19 22:56 | お弁当

塚原産たけのこ

塚原産たけのこを送っていただきました。
実は今回が初めて。
とにかく白いと噂には聞いていましたが、こんなに白いとは思いませんでした。
穂先も淡い黄色で新鮮なのがわかります。
生の状態で下部に包丁を入れると、その瞬間にサクッと包丁が入っていきました。
たけのこってこんなに柔らかいのですね。

サーバーボウルで下茹でしたたけのこはみずみずしくて、思わずかぶりつきたくなっちゃいました。
アブナイアブナイ^^;
f0213367_21193352.jpg

f0213367_2120464.jpg

by kozo-track | 2013-04-18 21:28 | 食材

サーバーボウル

たけのこを下茹で。
たっぷりの水に米ぬかを加えてコトコト、コトコト。
その際に大活躍するのがサーバーボウル。
揚げ物、麺茹でには欠かせないお鍋ですが、ここでも威力を発揮。
ほぼ満水の状態で茹でても、吹きこぼれることはありません。
お鍋の形状がうまく対流させるのですね。
スグレモノ!
f0213367_2331415.jpg

by kozo-track | 2013-04-17 20:30 | 道具

ひじき豆

自分が作ったひじき煮を京都のお教室に初めて持参した時。
そこに入れた具は、お揚げ、人参、そしてこんにゃくでした。
こんにゃくを入れたのは、実母が作るひじき煮に必ず入っていたからなのですが、後味に苦味が残り、どうしたら改善されるかを教えていただこうと、あえて苦味の残る仕上がりを見ていただきました。

その時のアドバイスに、これが陰陽料理なのかぁ!と驚かされたことを今でも覚えています。
まだ、幸せコースが始まる前だったので、これから教えていただくお料理に胸が膨らみ、早く始まらないかと、スタートするその日を指折り数えていました。

あれから、3年。

ひじき豆は上級の最後のお献立の1つ。
陰陽料理の魅力を知ったお料理が陰陽料理の集大成として登場するなんて、なんだか感慨深いです。
そんな思いとともに、今週末、京都での実習に望みたいと思います。
f0213367_201538.jpg

by kozo-track | 2013-04-16 21:01 | 料理