ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

リクエストはトマト

夫「あのさー、トマト入りの炒飯てできないの?」

なぬぅーーーーー!
トマト入りですって?

困りました。
私の中で炒飯の具材にトマトという発想は全くありませんでした。

夫「だって、中川式だから。」

むむ?
どこかで似たようなセリフを聞いたような・・・。

あっ。

だって、上級ですから!(苦笑)

なんだか私、試されているような・・・。
いいえ、ここは素直に愛する旦那様のリクエストに答えてあげなくちゃだわ!(笑)

脳みそに大汗かきながら試行錯誤して出来上がりました。

f0213367_0545959.jpg
出来上がった作品を中川さんに一番にお見せしました。「合格!」ヤッター\(^o^)/

トマトの酸味がいやらしくなく、さわやかなお味。
トマトが独立することなく、他のお野菜とちゃあんと一体感があって美味しくいただきました♪

夫「やるじゃん。」
 「ていうか、やっぱり中川式ってすげーよ。」

中川式だから。

夫のこの挑発的な言葉が私を燃えるオンナにしました。(笑)

私もこの言葉に同感です!
by kozo-track | 2011-05-26 00:38 | 料理

野口整体 操法の記録 第12回目

右肘を打撲し、急遽操法につかせていただいてから1ヶ月。
前回の操法の後、右肘は順調に回復していました。

ところが、、、。

5月初旬に参加した活元会以降、逆戻りするかのように右肘が痛みだし、転んで打撲した直後の状態にまで戻ってしまいました。
自宅で行う活元運動と違い、活元会に参加すると「相互運動」といって、ペアになって活元運動をする時間があります。
その相互運動の効果だったようです。
痛くてもなるべく普通に使って下さいとの先生のアドバイスを受け、そのように生活していました。
最近やっと痛みが軽くなり、本日、操法の日を迎えました。

頸椎6番と7番に筋肉の凝りがあります。
これは肘とお腹に連動するものです。


そっかぁ〜。
肘の調子が良くなったと思ったら、首から目にかけてつっぱるような凝りを感じたのは、連動している部分だったからなのね。

今回の肘の打撲を治すことがきっかけとなって、
肝臓を強化し、
さらに人間の土台となるお腹を強くする動きが出ています。
お腹が本来の動きを取り戻そうとしている時です。
肘が痛くて不自由することがあっても、なるべく普通に使って下さい。
肘の痛みがなくなり、
首から目にかけての凝りが気にならなくなった時が、
経過されたという目安です。


私の最大の経過は腹部にあると前々から言われていました。
この経過がどのくらいの時間を要するのか、全く検討がつきませんが、焦らず、急がず、自分の治癒力を信じて、じっくり経過を観察したいと思います。

お腹が活動的になろうとしている時には、あたたかい水分をとること。

特に今年は排泄の季節時に大震災が怒ったため、
関東に住む人々の排泄時期はこのくらいから始まるとのことです。
春先、震災の影響で緊張しっぱなしの体が緩みきれず、ようやく緩める状態になった為だとおっしゃっていました。
人間の体って本当に自然と共存しているのですね。
by kozo-track | 2011-05-25 21:48 | 野口整体

美味しい

f0213367_23241132.jpg

今春、独立を予定していた若手シェフ。
あの大震災の影響で、2年先に延期することを決めたと言った。
この2年間、自分の作りたいフランス料理からは少し外れたお店で修行するらしい。

このお店で彼のお料理を食べる最後の日。
その日の彼がプランニングしてくれたメニューは、
どれもスタイリッシュでセンスある盛り付けだったが、
フランスのトラディッショナルな味をとても大切にしたお料理ばかりだった。

お料理1品1品を食べ進めていく度に、
彼が作りたいお料理、彼が食べて欲しいと思っているお料理、彼が出したいお店のイメージが伝わった。

彼はどんな時でも最後に必ず顔を出し、客との会話を忘れない。
きさくに話すその目はいつも優しく、その優しさの中には躍動感、エネルギーをひしひしと感じる。
だからまた食べに訪れたくなる。

私は今までいただいた中で、この日の前菜が一番美味しいと思った。
本当に美味しかった。

彼の作るものはまさに料理。
記憶に残る「美味しい」料理。

記憶に残る時、私はその料理と一緒に作り手の笑顔が思い浮かぶ。

私もいつか誰かの記憶に残る料理が作れるようになりたい。
by kozo-track | 2011-05-21 23:58 |

炒飯とわたし

炒飯て陽性なお料理だなぁ〜。

陰陽は相対的なので、何と比べて?誰にとっては?
などにもよりますが、
私にとって、普段食べているお食事と比べると、
陽性なお料理だと思います。

先日、上級幸せコースで教わった玄米炒飯。
その口伝の節々に考え抜かれた技が盛込まれていました。

作る度に、
あーしたらどうなるのかな?
こうすればもっとこうなるのかな?
など、次々と試したいことが出てきてしまって、
気がつくと、早1週間。

さらに気がつくと、、、。

夫の帰宅を待つ間、うたた寝をすることがなくなり、
その上、起床時間が早くなっていました。
(ほんとです、ほんと。(笑))
身体的にはとても嬉しい傾向ですが、
逆に精神的にはドライになっているような氣が・・・。(イケナイイケナイ)

もちろん、炒飯だけが理由ではないと思いますが、
自分自身が陽性化している感覚があり、それがちょっと面白かったのです。

面白いだけで終わらず、これを活かして、
舌にも胃腸にも美味しい、カラダにもココロにも美味しいお料理が作れるようになりたいなぁと思います。

f0213367_0214523.jpg
中川式炒飯。お味噌汁に合う炒飯です。
でも「和」ではないところが不思議〜。

次回からは自分自身と家族のことをよーく観察した上で復習します。(笑)

ごちそうさまでしたっ!
by kozo-track | 2011-05-20 21:57 | 料理

あらめビーフン

私が初めてむそう塾の門をくぐり、愛クラスに参加した日。
その日にいただいた福zenにあらめビーフンがありました。
私の食べてみたいランキング1位でした。
お皿にこんもりくるんと盛り付けられているのを目にした時、
ものすごく嬉しくて感動したことを今でもはっきり覚えています。

白、黒、緑。
この色合い。
それぞれ違う食感。
なのに、一体感がある味。
ビーフンなのにおかず。
ご飯が進む。

上級幸せコースのメニューが公開され、
あらめビーフンを発見した時、私は初めて食べた時と同じくらい興奮しました。(フンガー!(笑))

f0213367_1420975.jpg
福zenの盛り付けのような、こんもりくるんがなかなかできません。(涙)

ちょっとしたこと。
けれど、その「ちょっとした」がポイント。

これが、上級幸せコースの面白さなのね〜。

もっともっと楽しみたいです!
by kozo-track | 2011-05-19 15:11 | 料理

美味しいお料理 〜上級幸せコース第1回目〜

上級幸せコースがスタートしました。

美味しいお料理が作れること。

1年後の私たちの目標です。
この「美味しい」にはたくさんの意味があることを、
回を重ねるごとに知って、感じてゆくのだろうと思います。

誰が作るか?
食べてくれる人のことを想って、心を込めて作ること。
これこそが調理ではなく、料理であること。
クラスメイトの体験談を通して改めて実感する初日でした。

f0213367_10345441.jpg
↑子象撮影

f0213367_10351719.jpg
↑中川さん撮影

目をつぶって食べると、なにを食べているのかがはっきりしない。
だからこそ、見た目も大切なのです。


実習で作った私の作品。
全く同じ作品なのに、撮り方の違いで、美味しさの伝わり方が全然違って見えるぅ〜(/_;)

美味しい!
をいろいろな角度から表現できるようになりたいな〜と思います。

そう、だって上級ですから!(笑)
(あ〜あ、自らプレッシャーを与えるなんて。(苦笑))
by kozo-track | 2011-05-16 11:06 | むそう塾

火練り

毎月京都に通うようになって1年が過ぎました。
始めは、自宅とむそう塾との行き来だけでしたが、
いつの間にか「むそう塾の前に錦市場」が定番化していました。

錦市場に行くと、必ず立ち寄るお店が何軒かあります。
その1軒でよく購入するのが九条葱。
関東ではなかなか鮮度のよいものを見つけることができなくて、
錦市場で見かけると、買わずにはいられなくなってしまいます。
そして、作りたくなるお料理が浮かんできます。

最近、お取り寄せしたお味噌がとっても美味しく、そのお味噌で葱味噌が作りたくなりました。

私は、火練りが好きです。
ずっと目を離さないで練り続けるので、葱と味噌が馴染んでいく表情や、味噌の色、仕上がっていく固さが目で手で感じとることができるからなのだと思います。

f0213367_2122163.jpg
冬仕様よりやや緩めに。玄米味噌と麦味噌の合わせ味噌で。

美味しい九条葱と美味しい味噌で作る葱味噌は、
美味しい×2以上。
ごはんのおともにがサイコーです!
by kozo-track | 2011-05-09 23:21 | 料理

はじまり

心新たに。
はじまる、はじまる。

第3期幸せコースBクラスの初日。

楽しいクラスメイトと共に。
美味しい福zenと共に。
大切な糠床と共に。

f0213367_1233026.jpg

1年後のクラスメイトの幸せ度が楽しみです。
1年後に福zenのようなお料理が作れるようになっていたいです。
1年後の今日も美味しく糠漬けを食べていたいです。

1年後の私が今より輝いていることをイメージして。
by kozo-track | 2011-05-08 01:30 | むそう塾

ありがとう そして これからもよろしくね♪

f0213367_13523587.jpg


最後の最後まで私たちらしく、賑やかだったね。
ワイワイ大笑いしながらも、お料理に関しては真剣で、サーバーの方を困らせてしまいました。(笑)

このメリハリが好き!

ううん、最後じゃないね。
これからも繋がっていくね。
ずっとずーーーっとよろしくです!

次回はどこで全員集合かな〜?
今から楽しみです♡

心からありがとう。

じゃ、またね!!!
by kozo-track | 2011-05-02 13:57 | むそう塾

幸せコース第二期修了式

2011年4月30日。
私はこの日をずっと忘れません。

初めていただく吉兆のお料理の1品1品。
中川さんがその都度お話して下さったおもてなしの心やお料理方法にため息の嵐でした。
お話して下さらなければ、ただ「美味しい」だけで終わってしまっただろうなぁ〜。

どの素材も主張していない、でも、1つ1つのお味がちゃんと活きている。
中川さんのお話を聞いてからいただくと、もっともっと美味しさが心に染みわたります。

と同時に、私は1年間、口伝下さった幸せコースを鮮明に思い出していました。
そうか!
幸せコースは、いただいたこのお料理を家庭レベルで再現して下さっていたんだ!
これってものすごいことです。

この日が最後ではなく、ここからがスタート。

この言葉の通り、やっとスタートラインに立つことができました。
教えて下さったことが宝の持ち腐れにならないように。
いただいた原石を磨きあげられるように。
少しずつ、少しずつ。

Tプラス3.0L コシヒカリ1000cc 水100% 浸水60m
f0213367_12423092.jpg

お出汁を引きながら、炊く玄米ご飯。
鰹節の香りとくゆる湯気から漂うごはんの香り。
最高の贅沢です。もうたまりません!

その後、包丁研ぎ。
シュッシュッという音に心も清められます。

教わったことを丁寧に、心を込めて。
by kozo-track | 2011-05-02 13:17 | むそう塾