ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

必要なモノ

本当に必要なモノはそんなに多くはないこと。
そして、
必要なモノはその時々で変わること。

「家事アドバイス講座」の宿題を実践すべく、モノのチェックをして思ったことです。

必要だと思って買ったのに、汚れるのが嫌で使わないという癖が私にはあるようです。
1番ではなく2番選手を使い、1番は本番が来るまでとっておく。
ということは、私は日常2番選手を使っていることになります。
だからそのモノに対して、心のどこかで、
見た目が綺麗になってればいいや、くらいにしか思っておらず、
丁寧に使っていたかどうかは疑問です。

それでも、1番を使う「本番」があればまだマシ。
結局本番が来ないで終わって、
時がたち、いつの間にか、用がないものに変わってしまう時があります。

何の為に選んで買ったの?
日常使うものだからこそ、1番を使うんじゃないの?

「家を綺麗にする」ということばかり考えていて、
「家に血を通わせる」ということの意識がとっても薄かったように思います。

それが、私自身にも言えるな〜って思えてなりません。

自分にしっかりとした軸がないのは、中身がしゃんとしてないから。

お片づけをして、スッキリするはずが、
私の場合、自分を映す鏡を見ているようで、
気づかされることばかりです。

我が家の収納スペースはどんどんスカスカになっています。
2人暮らしでこの間取りなのですから、当然といえば当然なのです。

本当の意味で、私も片付け上手になりたいと思います。
by kozo-track | 2011-02-22 15:37 | わたくしこと

片付け過ぎなのに

私もこちらの企画「家事アドバイス講座」に手を挙げました。

こちらの記事がUPした当初は、私には関係ないと思いました。
なにせ私は、片付け過ぎるほど、掃除魔だと「思っていた」からです。

きっかけは、参加されている方々があまりに楽しく取り組まれていることでした。
私は掃除魔のはずなのに、お掃除を「楽しい」と思ったことはありません。
好きではないのですね。
どちらかというと、義務的にしているところがありました。
とにかく汚したくない。
「汚れた」からではなくて、「汚さない」為に掃除するといった感じです。

ところが、お片づけをとても楽しんでされている皆さんの報告を毎日のように聞いていると、
お掃除ってそんなに楽しいものなの?
その感覚を私も体感したい!
という気持ちが急浮上。
本気で取り組まれている皆さんには失礼ですが、
半ば興味本位で参加させていただきました。

「宿題」の9項目を読み直し、
まずはいらないものをもう一度チェックすることから始めることにしました。
年末に棚卸してるし、片付いてるし、楽勝!
なんて思っていた私でしたが・・・

More
by kozo-track | 2011-02-22 14:19 | わたくしこと

お料理のコツ

1から10まで聞き漏らさずに。

これが私の今までのスタンスでした。
だけど、これではあるところから全然前進しないのです。

出来上がりが確実に違う。
でも、どこが違うのかがわからない。

「1つも聞き漏らさないように。」
ということに集中するあまり、
どこがポイントで、
どこが最も重要なのか、
それが曖昧になって、
本当にわかっていませんでした。

どのお料理にも「コツ」があるのね〜。

んんん?

!!!

もしや、コツって「骨」〜!

骨はカラダの中心。
だから、
コツはそのお料理のベースになるもの。

また1つ「今頃」気づきました。
でも、
また1つ「1歩前進」したかな?


全てを理解しようとすると、見失うものがある。
ここ!というところを理解できると、見えてくるものがある。


よしよし、と今日も前向きに考える私でした。



<1点盛りの練習>
f0213367_1726275.jpg
品良く盛るというのが難しい〜
f0213367_17443251.jpg
ちょっと緩和しすぎたかな?
緊張と緩和のバランスが難しいデス〜
by kozo-track | 2011-02-17 17:42 | 料理

夫婦のあり方

久しぶりに同世代の夫婦同士4人でお食事をしました。

以前から気になっていたお店。
ちょっとお粧しして出かけると、さらに気分が高揚します。
日本料理ではありませんが、
シェフがお食事前と後にご挨拶にお見えになり、
心のこもったおもてなしとお料理が細かいところまで味わえる、
そんなお店でした。
今度はディナーに行ってみたいな〜♫

でも、私が一番心に響いたのは、
お店でもなく、お料理でもなく、ご一緒した夫婦との時間でした。
以前会った時より、さらに素敵になっていた二人。
それはラブラブという軽いものではなく、
お互い信頼し合っている、どっしりしたゆるぎない姿。
でも、ほのぼのとしていて微笑ましい姿。
私の目にはそう映りました。

その夫婦を見ていて、
私は、先週教えていただいた盛り付けの基本を思い出しました。
夫婦のあり方も盛り付けの基本と同じなのかもしれません。

私はちゃんと自分の足で立っているかな?
彼にもたれかかっていないかな?
彼に寄り添ってもらえる私でいるかな?

それぞれが自分というものをちゃんと持っていながら、
相手のことを認め、受け入れる。
時に自分を主張し、時に相手を尊重する。
刺激しあいながらも、穏やかで和む、居心地のいい関係。
そんな夫婦になれたらいいな〜。

外はものすごく寒かったけれど、
私の心はとっても温かい氣に包まれた時間でした。

盛り付けの基本からたくさんのことを教えていただいています。
深いな〜。
by kozo-track | 2011-02-13 08:11 | わたくしこと

真似る

書道していた頃を思い出しました。
先生が書いて下さったお手本を見ながら、
お手本通りに書けるように何枚も何枚も練習したっけ。
先生に見せに行くと、赤い墨汁でたっくさん直されたなぁ〜。

直されては書き、
見せに行っては直され、
そしてまた書き直す。
その繰り返しでした。
その頃は、
なぜ?
どうして?
こうしないといけないの?
なんて疑問も思わないまま、
ただお手本通りに書くことだけを思っていました。

私の盛り付けも今はその段階です。
盛り付けを意識すると、
今までは、
ただお皿の上に「のせる」だけだったということがわかります。



そのうち、級から段に進むと、
「お手本通り」だけでは、次の段に行けなくなりました。
基本ができてくると、
そこからは自分の個性だったり、想いだったり、
その字にこめる自分の「氣」というものが加わらないと、
「作品」にはならない。
その頃の私が、そこまで思いながら書いていたとは思いませんが、
自分なりにバランスや大きさ、全体像などを意識して、
1つの作品として、書いていたような気がします。

盛り付けがそういう段階になればいいな♪

その為に、まずは真似ることをしています。
真似るなんて簡単!
いえいえとんでもない!
あの頃のお習字と同じです。
「完全コピー」は難しーーーい!

<3点盛り>
f0213367_13261978.jpg
量や間隔が難しいです。


<1点盛り>
f0213367_13263276.jpg
「盛り付け」を意識すると、めちゃ難しい〜!
by kozo-track | 2011-02-10 13:42 | 料理

幸せコース10時限目

幸せコース。
10回目。
気がつくと、もう二桁。
今まで、こんなにあっという間だと感じたお料理教室なかったなぁ。
タイトルに数字を入力すると、今まで教わったことが走馬灯のように思い出されてきました。

盛り付け。
盛り付けの中にある日本の文化、しきたり、美学。
今まで知らなかった日本人としての心構えがぎっしり詰まっていました。
とはいうものの、教わったことはいろはの「い」。
この年になって初めて日本人として、日本人らしく生きたいと思いました。
今からでも遅くないかな〜?
少しずつでも自分の中に嗜めてゆければいいな♪


最近、器を見たり、お料理にあった器を選ぶのが楽しいです。
実は、むそう塾と出会うまでの我が家の食器はほとんどが無地の白でした。
それが一番お料理が映えると思っていたから。
でも、今ではそれが寒々しく感じるようになり、
ほとんど登場しなくなりました。

素材や色、形から感じる温かみ。
作り手の想い。
その上に盛りつけられるお料理を想像しながら、
器を見たり、実際に買って使ったりするのが、
どんどん好きになっています。
そして、ますますお料理が楽しくなっています。

<before>
f0213367_13584241.jpg
バランス・量ともに美しくありません(/_;)

<after>
f0213367_1401120.jpg
美しい〜(☆_☆)

中川さんのブログのこちらの記事から、自分の作品を抜粋させていただきました。

もっと感性豊かなヒトになりたいです。
by kozo-track | 2011-02-06 14:07 | むそう塾

野口整体 操法の記録 第8回目

2月3日。
何も考えず予約していたのですが、
今日は、旧正月で節分で新月。
何か意味があるのかも!?
と勝手に想いをいだきながら、指導につきました。

ところが!
今日はあっさりさっくり。
先生のお話もあまりなく終わりました。
ちょっと拍子抜けしましたが、
でも、それだけ順調だってことかな?

精神的に落ち着いていますね。
活元運動の効果がよく出ていて、排泄時期に来ています。
特にお腹の掃除。
量だけではなく、驚くような排泄物があるかもしれません。
あと、水が足りてないですね。
ちょこちょこ飲むようにして下さい。


短い言葉でしたが、
先生のおっしゃったことは全て思い当たります。

今、本当に精神状態が落ち着いていますし、
のどの渇きは相変わらずです。

それと・・・。

実は、1週間ほど前、
人生で初めて血便が出てしまいました。
(こんなことをブログで公開するのもどうかと思ったのですが、あえて書かせていただきました。)
以前、尿管結石をした時、血尿は出ましたが、血便は初めて。
え!まさか、私、痔なの?
でも痛みも何もありません。
しかも、その1度きり。

その時ちょっと驚いたものの、
なぜかそんなに心配はしませんでした。

その翌日、あれだけ苦しかったお腹の張りが徐々になくなりました。
むくみも少しずつなくなってきています。

また、ちょっとした変化と言えば、
今年に入って、コーヒーとチョコレートが全く受けつけません。
季節はバレンタイン。
この時期、至る所でチョコレートを目にします。
私の場合、食べたい!というより、
どんなものが売られているのか確かめたい!という理由(言い訳)で、毎年、チョコチョコ(笑)見ていたのですが、
今年は全く、その氣すら起こりません。
直接関係ないのかもしれませんが、
コーヒーとチョコレートの色とにおいが受けつけないようです。

もしかして?

と思ったのもつかの間。
昨年末、2年ぶりにつきのものが来て以来、
今年に入ってからはまだ訪れていなかったそれが、
この操法終了直後にやってきました。(苦笑)

生理も順調に来ています。

少しずつ自分の身体が整ってきていることを、
少しずつ感じています。
by kozo-track | 2011-02-03 18:14 | 野口整体

氣の交流

幸せコースでも毎回思うのですが、
氣のいい仲間と一緒にいると、
同じ空氣を吸ってるだけで、
同じ空間にいるだけで、
体にエネルギーが湧き、いつの間にか笑顔になります。
時に涙が出たとしても、終わりはいつも笑顔。
「病は氣から」
この言葉が腑に落ちます。
一番の特効薬なのかもしれません。

先週末、拡大放課後(京都東京)に参加させていただきました。

幸せコースよりも人数が遥かに多く、
初めてお会いする方や久しぶりにお会いする方。
パスポート取り立ての方。
幸せコース1期生、2期生、3期生。
実にいろいろな方との交流の場となりました。
でも、みーんな、むそう塾生です♪

私は、以前、このような交流の場はどちらかというと苦手でした。
たくさん集まれば集まるほど、
全員の方とはお話しできないし、
結局、知ってる者同士が集まって喋って終わり。
あと味が悪かったのです。
これなら、仲のいいメンバーだけで集まった方が楽しいじゃん!
そう思っていました。

でも、そうじゃない。
集まる方々の氣。
参加される方々の氣。
皆さんがどんな想いで参加するのか。

義理立てで集まる会や半ば強制的に集まる会だと、
やっぱりその氣でいっぱいになってしまいます。
早く終わらないかなー。
とか
時間がもったいない。
とか
やっぱり来なければ良かった。
とか・・・。

拡大放課後は本当に楽しかった!

時間を気にすることはなく、あっという間に時間が過ぎている。
自然に笑顔になっている。
初めての方ともいつの間にか会話をしている。
いろいろな方と話をしている。

もちろん、全員の方とお話できたわけではありませんが、
でも、私は、
同じ時間を同じ場所で過ごしたという共有感に満ちていました。

氣の交流。
いい氣に満ちた交流は、私を元気にさせてくれます。
だから、私も誰かを元気にしてあげられるように、
日々丁寧に大切に過ごしていきたいと、改めて思いました。

いいものですね。
ヒトとヒトのつながり。
ヒトとヒトとの交流。
by kozo-track | 2011-02-01 13:39 | むそう塾