ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

口伝の本質

失敗してしまいました。
大豆たんぱくの時雨煮を作ったものの、上手くいきませんでした。
久しぶりだったせいか、
途中、料理の仕方を間違えてしまったのです。
でも、そのお陰で口伝の本質を垣間見ることが出来た気がしました。

むそう塾が口伝に重きを置く理由は、
教わる内容がいわゆる「財産」だからであることは言うまでもありません。
でもそれだけが口伝の理由ではないのでは?と思いました。

今日時雨煮を作りながら、
間違えてしまったところを振り返ってみると、
こうすればよかったのでは?
と思い当たる箇所がいくつかあります。
それは、他のお料理から連想されるものでした。
「よく考えてみると」わかることでした。

つまり、それが口伝の本質なのではないかと感じました。

メモを取り、レシピに従って作っていたのでは、
未知の食材や作ったことのないメニューに挑戦しようとする時に
全くどうしていいかわかりません。

お料理の各工程の意味や鉄則を理解できていれば、
美味しいものが出来上がるはず。

丸暗記の受験勉強ではダメ。
読解力と応用力をつけないと。

その理解を助けてくれる理論が「陰陽」のはずなのです。
「口伝」は私たちの成長の為。
惜しげもなく伝えて下さいます。

今頃こんなことを言っているようでは呆れられてしまうのでしょうが、気づかないよりも良かった!
と前向きに考えることにしました。

お料理、もっと上手になりたいと心から思った日でした。
by kozo-track | 2011-01-28 23:46 | わたくしこと

大きな収穫

旅行の楽しみの1つ、その土地の郷土料理をいただく。
今回も大好きなお店で島会席をオーダーしました。

プロが作るお料理。
素材・味・器・盛り付け、
そのどれもに1品1品感動します。

ただ、この前と違っていたことは、
「カツオだしがきいてて美味しい〜♪」と言っていたのが、
「カツオだしを丁寧にとってるな〜」だったり、
お刺身では、タコに隠し包丁がされていること、
豚しゃぶは熱湯ではなく、昆布だしがひかれていること、
などなど、
今まで気がつかなかったところにも、目が舌が反応していました。

そして、天ぷらが出てきた時は夫婦そろって無言。
部屋に戻り、夫が、
「あの天ぷらさー。」
どうやら、夫も同じことを思っていたようです。

今まではどれも、
自宅では出てこない、
自宅では味わえない、
プロの味だと思っていました。
それが今回は、
プロが作るとはいかないまでも、
その味に近いものが家の食卓にあがっていることに気づきました。
それを自分が作っているのだと思うと、本当にすごいことです。

夫はその気づきを「大きな収穫」だと言いました。

むそう塾で習うお料理。
プロの方が家庭の主婦レベルに落とし込んで教えて下さる。
でも、味はほんまもん。

夫は続けてこう言いました。
「むそう塾に早く出会えば出会うほど、
 その家庭の食卓がそれだけ長く豊かでいられるってことやな。
 この1年も頑張りや。頼むでー。」

私だけではなく、家族の口からこの言葉が出たことが、
とても嬉しく、
ああ〜これが私の活力になるんだあ〜と思いました。

この旅で、
私はもっともっと美味しいお料理が作れるようになりたいと思いました。
それは、
誰かと比較するとか、
一番上手に作れるようになるとかではありません。

「美味しい」
この一言がいつも聞きたいから。
食べてくれる人の笑顔をいつも見ていたいから。
ただそれだけです。

その「それだけ」が、
私にとっては、
なにより、
生きるチカラ。

f0213367_23332133.jpg

f0213367_23334590.jpg

f0213367_2334536.jpg

by kozo-track | 2011-01-27 00:34 |

おばーのおもてなし

以前この地を訪れた時、
一目見ていいな!と思ったグラスがありました。
独特のハイビスカスの絵があしらわれた、
色のトーンがなんとも優しいグラス。
和洋どちらの飲み物にもあうグラスでした。
1つ1つ丁寧に描き、作られたそのグラスは、
それぞれ微妙に違っていて、
それがなんとも味わい深く、とっても気に入っていました。
なのに、、、
飲み口の部分が欠けてしまったのです。

そのグラスとまた出会えればいいなあ〜。
密かに想いを抱き、
再び、購入したお店に足を運んでみました。

すると、確かに同じ方が作ったと思われる、
ハイビスカスのコーヒーカップが置いてありました。
ところが、グラスがありません。

おばー 「今はこの人、グラスは作っとらんのよ。
     事前に連絡くれとったら、作ってもらったのによー。
     ま、また来んさい。」

また来なさいって、なかなか来れないんだけどなあ・・・。

おばー 「今回は縁がなかったということかね。残念残念。
     お二人さん、ま、コーヒーでもあがっていきんさい。」

こちらで売られている陶器にコーヒーと郷土菓子。
そして1輪の花。

おばー 「こっちがあんた(夫)で、こっちがあんた(私)。」

おばーは、私たちそれぞれのイメージにあった器を選び、
用意してくれました。

入れたてのコーヒー。
手作りのお茶菓子。
それを引き立てるお花。

でも、一番嬉しかったのは、おばーの温かい心遣い。

グラスとの縁はありませんでしたが、
それに代わる、
いえ、それ以上の素敵な縁をいただいたような気持ちでした。


f0213367_21575658.jpg

定番柄の魚紋。お茶菓子に使われていた器です。
今まで、この柄に目がいくことはなかったのですが、
この器の、まるで人魚のような表情と青の色。形、大きさ。一目でこれいい!でした。
「この人は、もう年でな、あまり作らなくなったんよ。気に入ったのなら、持っていきんさい。」
このご好意に甘え、譲っていただきました。
おばー、本当にありがとう。大切に大切に使います。
by kozo-track | 2011-01-24 23:27 |

海の色

連日お天気は雨予報でしたが、
結局晴天!気温も20℃を超え、まさにドライブ日和♪
f0213367_1154681.jpg

海がきれいに見えるスポットまで足を運ぶことに!
ブーン

             でも(/_;)
by kozo-track | 2011-01-23 12:13 |

3泊4日

旅行というと、
遠足のしおりのようにタイムスケジュールを事前にたてていた私。

予定通りに進むことの充実感より、
その時、その時、
行きたいところ、見たいもの、食べたいもの。
したいことをする方が、はるかに心が満たされ、満足感でいっぱいになりました。

お天気に恵また4日間。
人の優しさや温かさが嬉しかった4日間。
初めて夫婦で過ごした4日間。(最長記録更新!)

改めて思ったこと。
新たに思ったこと。

たくさん笑い、
たくさん感動し、
たくさん癒されました。

f0213367_2244549.jpg

f0213367_225870.jpg

f0213367_2252995.jpg

f0213367_2255241.jpg

f0213367_2261033.jpg


でも、最終日は玄米ご飯が恋しかった!
思わずツイッターでつぶやいてしまいました(;^ω^)

美味しい玄米ご飯が炊けて、
美味しい玄米ご飯が食べれること。
これ最高の贅沢。

4日間は今の私にとって長過ぎるのかも?
そう感じた旅行でもありました。

つづく
by kozo-track | 2011-01-21 22:52 |

ノープラン

久しぶりに旅に出ます。
今までは事前にプランを立て、予定びっしりで望んでいました。
でも今回はノープラン。
気の向くまま、足の向くまま。
そんな旅がしたくなりました。
初めて旅行するかのようなワクワク感でい〜っぱい♪

行って参りまーす!
f0213367_8483811.jpg

玄米ごはんが食べられないのはちょっぴりさみしい(/_;)
飛行機の中で玄米おむすび食〜べよ♪
by kozo-track | 2011-01-17 08:56 | わたくしこと

変化の度合

正直なことを言うと、
私は今まで鍋ってあまり好きではありませんでした。
何故って!
手抜き料理の代表格のごとく、
お湯に水分たっぷりの野菜を入れ、
だしの代わりになる魚介類を入れ、
(鍋にお肉を入れるという習慣がありませんでした。)
それをポン酢でいただく。

体は温まるけれど、なんだか味気がなく、
心がほっこりするといったお料理ではなかったからです。
なので、結婚後もお家で鍋という選択肢はほとんどありませんでした。

ところが、こちらでご紹介下さったお持ち帰り鍋ときたら!
お鍋でこんなに美味しい!と思って食べたことはありません。
もうお鍋を手抜き料理なんて言いません。

そのお持ち帰り鍋を久しぶりに夫婦でいただきました。

丁寧に作ること。
素材を吟味すること。
気持ちを込めること。
どんなお料理でも大切なこと。

今日のようなとっても寒い日の鍋は最高でした♪

鍋を囲みながら、夫がポツリ。

むそう塾って、金額だけを見ると、決して安くはないと思う。
でも、1回1回京都に行く度に、
確実に変化しているところがすごいよ。
人ってそう簡単に変化するもんじゃない。
それなのに、たかだか1日数時間で、
こんなに変わって帰ってくる。
もちろん、そこからいかに自分のモノにするかだとは思うけれど、
僕から見ると、行っただけで、
その時点ですでに大きく変わっているように思える。
マジすげーよ、中川さん。
こんなところ、他のどこを探してもないんじゃないかな?


今まで、
鍋はしない。
天ぷらは揚げたことがない。
だって、美味しくなかったのです!
いえ、美味しいのを作ろうとしなかっただけでした。

我が家の食卓は1年前とは比べものにならないくらい、
劇的に変化しています。
by kozo-track | 2011-01-15 21:35 | 料理

やっぱり中川式!

さあ、お家で天ぷらデビューです!
デビュー作は、夫のリクエストの舞茸と玉ねぎ。
そして、幸せコースで登場したさつまいも。

いろいろ課題がありました。
まだまだです。

でも、そのまだまだな天ぷらを、夫はものすごく喜んで食べていました。

「サックサクのカリッカリやん!」
口にする度に、「ベリーうまーい!」
1口1口、その食感を楽しむ為に、わざと音が出るような食べ方。

「正直、車麩のカツレツより衝撃度が高いよ!」
「衝撃度は、玄米ご飯の次かもしれない、うんうん。」
と言いながら、また1口、サクッ!カリッ!

やっぱりこれは「中川式」天ぷらです。
それは、単に作り方だけではありません。
夫は、私の揚げている姿を見ていたわけではないのに、
1口1口、感心しながら食べていました。
そう、それは初めて中川式玄米ご飯をいただいた時と同じリアクションでした。

作り方にびっくり!そして食べてびっくり!
それが「中川式」。

「次は、自分ちで裁いた刺身がくえるんやろ〜、最高やな!」

3月に習うものをちゃっかり知っていたとは!
それだけ楽しみにしてくれているんだなあ〜。

でも私は、やった!という気持ちより、何だか申し訳ない気持ちでした。
だって、口伝いただいた天ぷらはこんなんじゃあないのです。
もっともっと美味しいのです。

よぉ〜し!
もっともっと練習して、とびっきりのやつ食わしたる〜!(笑)

さ、今日は何を揚げようかな?

f0213367_12333557.jpg
こちらを見て、私も!
余ったさつまいもで揚げてみたけれど、うーむ。
うす〜く、そして均一な厚さじゃないとチップスにはならないのねえ。とほほ(涙)

f0213367_1234434.jpg
もっともっと美味しく作れるように頑張るからね。
by kozo-track | 2011-01-12 12:42 | 料理

幸せコース9時限目

f0213367_2294486.jpg
揚げもの♪
f0213367_22101399.jpg
揚げもの♫


写真で改めて見ると、、、。
まだまだ美味しさが引き出されていません。(涙)

とにかく衝撃的でした!

天ぷらはプロの方におまかせ!と思っていた私ですが、
天ぷらは私におまかせ!と言ってみたくなりました。

一生、天ぷらは揚げないもん!と思っていた私ですが、
また1つ、人生の楽しみをいただきました。

間違いなく「中川式」です。

とにかく練習あるのみ!

私にとって、
今回の幸せコースのキーワードは、

素材の気持ちになって。
相手の気持ちになって。

どうすれば、素材が美味しくなるのか?
どっちを選択すれば、相手が心地よくなるのか?
自分がどうしたい、ではなくて、
素材が。
相手が。

お料理でも、座学でも、今の自分に必要なことは同じ。
そのことがとても意味深く、いい気づきとなりました。

それにしても、
今回も私、鼻の穴が・・・。(汗)
by kozo-track | 2011-01-09 22:44 | むそう塾

野口整体 操法の記録 第7回目

今日は年が明けて はじめての操法。

前回、指導についた数日後、
2年ぶりに「つきのもの」がきました。
出るものが出た〜!
スッキリ感を味わったのもつかの間。

その後の体調はというと、

さらに眠気が増す。
目を使いたくなくて、パソコンもあまり見たくない。
加えてひどい膨満感。
そして相変わらず異常に喉が渇く。

そんな状態が続いていました。
しかも、体感的に活元運動の動きも鈍くなっている気が・・・。

背骨の弾力が増していいですね〜。

えっ?いいの?
だって、全然体調よくないし・・・。

過去の目の疲れが出てくると思います。
ものすごく眠くなったり、目を休めたいと思ったり。
個人差はありますが、まあ、半年は続かないでしょう。

・・・。

腰椎5番。
ここは泌尿器・腸と関係があります。
太ももの後ろを伸ばすこと。
排出の前段階で、
物凄く喉が渇いたり、お腹が張ってくるかもしれません。
こまめに「水」を飲んで下さい。


・・・。

あとからお伺いしようと思っていたことは、
全て体に現れていました。

自分の治癒力を信じて、このまま経過を観察したいと思います。
by kozo-track | 2011-01-05 18:23 | 野口整体