ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

だれの為に

君は今だれの為に玄米を炊いている?
明確にイメージできてる?


ツイッターでこの言葉をいただいた時、はっ!としました。

季節や温度(気温、室温、水温)という、
外的要因にばかり氣にとられていて、
一番大切なこと。
だれの為に炊いているか?
このことを明確にイメージして炊いていませんでした。

毎晩遅くまでストレスフルに働く夫。
休日は死ぬように寝ている夫。
はて?
彼の状態は今、
陽性なのか?陰性なのか?
正直、私には判断できません。(涙)
なので、
夫に聞いてみることにしました。
答えはこうでした。

温かい状態で食べるごはんはうまい。
でも、会社で食べる時、(ごはんだけ家から持参しています。)
冷めているせいか少し重たく感じる。


で、彼の昼用のオーダーはこうでした。
○白米は食べたいと思わないので、玄米がいい。
○保温容器で持っていくのはいや。
○今より重たくなく、ほろっとする食感が欲しい。

うーん。
冷めても糊化を極力感じない炊きあがり・・・かぁ。

難しいオーダーですが、
でも、精一杯強くイメージして炊きました。

Tプラス3.0L コシヒカリ1000cc 水105% 浸水70m
f0213367_11473100.jpg

私も、冷めた状態で食べてみないといけませんね。
さあ、夫の反応はいかに!?
by kozo-track | 2010-11-28 13:12 | 玄米

ツイッター

私にとって「ツイッター」は今まで「たかが」でした。
自分も暇な時間があるというのに、
つぶやきを見ては「暇なんだなー」と思ったり、
「くだらない」と思ったり。
(つぶやいている方にとっても失礼なことを思っていました。ゴメンナサイ!)
きっと、皆さんが楽しくつぶやいている姿に嫉妬していたのだと思います。
なんでこんなことで楽しめるのだろうと。

私は、頑につぶやくことを拒んだ時期がありました。
でも、意固地になればなるほど孤独感がつのるばかりでした。

おかしいですよね。
本当に嫌なら見なければいいし、
それ以前にやめればいいのですから。
でも、気になって見てしまう。
それは、私自身、誰かと繋がっていたいという裏返しでした。
本当は暇な時間、誰かとその時間を共有したいのに、
それを認めたくなかったのです。

ところが、一昨日、私のちょっとしたつぶやきから、
今の自分をさらけ出してしまいました。
そして、、、
ビックリしました。
皆さんからあんなにたくさんの温かい言葉をいただけるとは想像もしていませんでした。
それが本当に嬉しかった。
私は、ただ人の温かさや温もりを求めていたのだということに気づきました。
たとえ、それが直接的な解決にはならなくても、
私は救われ、前向きな気持ちに切り替えることができました。

ツイッターを、
ツイッターでつぶやくことを、
バカにしていた自分を恥じました。

私は何かをする時、
いつもかまえて、カタチにこだわってしまう。
まだ、これがどうしてもとりきれません。
そんな私をあんなに温かく受け入れてくれる。
この仲間(と言わせてもらってもいいのかな?)にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

私にとって、「ツイッター」が「されど」に変わりました。

ツイッターによって繋がっている仲間を、
私も支えられる人間でありたいと思います。

皆さん、本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。

感謝を込めて。
by kozo-track | 2010-11-26 00:43 | わたくしこと

素材を変更して

f0213367_2173050.jpg

幸せコースで習った、
里芋のたいたん を 南瓜のたいたん にしてみました。

「陰陽を考えれば、南瓜に変更しても美味しくたけますよ。」
実習の際、師はそうおっしゃいました。

これがまさに陰陽料理。
これがまさに口伝。
幸せコースならではの応用だと思います。
ただ単に素材だけを変更するのではなく、
素材の違いによって陰陽バランスを整え直す。

煮崩れしていないのに、箸がすぅ〜っと入る柔らかさ。
んまい!
by kozo-track | 2010-11-22 21:21 | 料理

洋もの久々に一目惚れ♪

f0213367_20213346.jpg

この取手部分のくびれ加減にやられました!
持った感じもしっくり。
最近、和ものに目がいくのですが、
久々、洋ものに吸い込まれました〜。
 
ビレロイ&ボッホのニューウェイブカフェシリーズ。
絵柄は毎年テーマがあるみたいです。
左は昨年もの。
右が今年。
デザインにあわせて形の違うものをチョイス♪

たっぷり入るので、入れ過ぎ、飲み過ぎには注意ですね^^
by kozo-track | 2010-11-20 20:36 | 道具

野口整体 操法の記録 第5回目

前回の操法で、右足親指の動きが鈍いことを指摘下さいました。
ここは排泄と深く関係していて、
この動きがよくなれば、排泄がもっとスムーズに出て来ると。
その後、この言葉通り、
次から次へといろいろな形で排出反応が出ています。
(その内容はこちら
状況を伝えながら指導につくと、
先生が愉気をしながらおっしゃいました。

今、まさに自分自身で体を変えようとしているところです。
このまま活元運動を続けて下さい。
ただ、これから本格的な体の掃除に入ると思います。
特に、びっくりするくらい下すことになるでしょう。
でも、それを経過すると、
体全体で「緩んだ〜」と感じることができます。
そして、「体が変わった」と実感するはずです。
これからさらにつらくなると思いますが、
その快感を味わえることを楽しみに、経過を観察して下さい。
注意点は、
○内くるぶし付近を絶対に冷やさないようにすること。
○水分補給を心がけること。


・・・。
これからが本番って?
これからがつらくなるって?
い、い、い、一体どんな経過を辿るのでしょう?

水分補給に関しては、
マクロビオティクと相反するような気もしますが、
喉が渇いたら、我慢せず水分をとろうと思います。
(もともと、あまり我慢はしてないのですが)

自分自身で体を治そうする力が強く、
かなり早いスピードで排出反応が出ているとのことですが、
私は、ただ単に、
私自身の治癒力や活元運動だけではないと思っています。

むそう塾と出会い、
中川式玄米が炊飯できるようになり、
消化吸収の良い玄米ご飯を「主食」としていただくようになった。
玄米ご飯、味噌汁、糠漬けという「三種の神器」が基本食となった。
幸せコースに通うようになり、
日本料理が食卓に並ぶ食生活になった。

このことがとてもとても大きく大きく影響していると思います。

もしも、以前のような食生活を送っていたなら、
野口整体、活元運動の効果は半減していたと思います。

野口整体とむそう塾。
このコラボが相乗効果となり、
早い段階で排出反応が出ているのだと思っています。

私にとってこの2つの出会いは、
きっと、このタイミングがベストだったんだなあ〜。
そう思えてなりません。
by kozo-track | 2010-11-19 23:01 | 野口整体

あもさんにゆずみそ

硬めに仕上がってしまった前回を踏まえて作った柚子味噌。
出来上がった時、
何故かふろふき大根じゃなくてあもさんと一緒に食べた〜い!
と思ってしまった私^^
f0213367_19551020.jpg

ぽてとろ〜♡

小腹が減った時、甘い物が欲しくなった時のオトモとして、
登場回数ナンバーワンになりそうです〜♪
by kozo-track | 2010-11-18 19:55 | 料理

活元運動と体調

活元運動をコンスタントに続けるようになってから約3ヶ月。
このところ、今まで経験したことがないくらい、
頻繁に種類の異なる風邪を引いています。

今まで私は、あまり風邪を引くタイプではなく、
引いたとしても、たいてい腹痛(胃腸が弱い)か、
年に1〜2回高熱を出すくらい。
なので今回、この続けざまにくる風邪にほとほとまいっています。

それは、1ヶ月前くらいから始まり、
始めは、高熱。
夕方突然、熱が上がり、翌朝には平熱に戻るというのを2日間。
これは、今までよくあったパターンで、今年も来たかー!
と余裕だったのです。

ところが、間があくことなく鼻水風邪に。
ティッシュでおさえても、すぐにとりかえなければならず、
鼻をかんでも、かみおわった直後から、
タラ〜っと垂れてきちゃって。
しかも、不思議なことに左側だけなんです。
鼻の下は赤くただれるし、ティッシュは手放せないし。(涙)

約3日間くらい続き、落ち着いた〜!と思っていたら、
今度は腹部膨満感。
腹水がたまっているのでは?と疑うほど、
いや、妊娠何ヶ月?と思わせるほど、腹部がぷ〜っと膨れ、
体全体的にもボテッとしていて、全身重たい感じでした。
それが2日後・・・。
約2年来ていない生理の予兆?と思われる、
お印程度の出血が見られ、
それを機に膨満感がなくなりました。
(野口整体の操法3回目で先生がおっしゃったことを思い出しました。)

これでちゃんとした生理が来てくれたらいいなあ〜、
と気が晴れてきたと思ったら・・・
続いて、咳風邪です〜。(泣)
こんなに咳き込んだことは初めて。
これ、本当につらいですね〜。
体力持っていかれます。

でも、ちょっと感じることがありました。
咳が止まったと思ったら、無性に活元運動をしたくなって、
活元運動をすると、また咳が出てくるんです。
つまり、
咳が続いて体が硬直すると、咳が止まり、
活元運動をすると、体が緩む為、咳が出始める。
ということは、
体は緩まないと排出できないってこと?


こんな感じで現在に至っております。
咳が出始めて3日目。
随分治まってきました。

次はどんな風邪を引くのでしょう。(苦笑)

こんな状態が続いているので、
思うように体が動かない日も多く、
自分のことを「だらしない」と思ってしまうことがあります。
でも、
今まで、
私の体は排出できずに、随分我慢していたのだと、
今は、
この体の声と向き合って、付き合っていこうと思います。
by kozo-track | 2010-11-17 15:02 | 野口整体

ベクトル

レシピ通りに作ることはそんなに難しいことではありません。
難しいのは「いつも美味しく作る」ということだと思います。
仕入れた素材や室温、水温は当然いつも同じではないし、
使う道具の材質、形状が違ってくると、
レシピに頼ってでは、
「いつも美味しく作る」ことはできない・・・。
煮物を作っていると、それがより強く感じとれます。
だから幸せコースでは口伝を大切している、
その意味がより深く感じとれます。

私の作るものは、回を重ねると、
一応、それなりにはなってくるのですが、「それなり」止まり。
それが何故だかよくわかりませんでした。
この時はこーやって、あの時はあーやって・・・。
いろいろ試すのですが、いまいち。
なんというか、ホッとするまあるい味が出てこないのです。

それはきっと、レシピ通りに作る延長線のようなことをしていたからなのだと思います。
どうしても、型に当てはめようとする。
相手(素材)の表情や声(音)というものを感じ取ってあげれていないのです。(涙)

そして、これはきっと、お料理だけではなく、人付き合いや他のモノに対しても同じことが言えるような氣がしています。

自分→というベクトルしかなくて、
自分←というベクトルが私にはない。
一方通行では心は通い合わないし、氣は滞りますよね。

自分←のベクトルが私には必要です。
(これがないから、生き物をまともに育てられないんだわ〜泣 )

前回とお鍋をかえて作ってみました。
素材たちの表情や声の違いを感じとってあげれたかなあ?
f0213367_15273432.jpg

食べてくれる人の「美味しい」が聞けるかなあ?
by kozo-track | 2010-11-15 15:29 | 料理

同割

シラルガンTプラス3.0L コシヒカリ1000cc 水100% 浸水75m
f0213367_10383742.jpg

初めて同割で炊いてみよう!と思い、同割初炊飯。
挑戦という氣持ちではなく、
最近の体調、お米の状態、今朝の室温・水温etc
頭の中で同割って感じました。

想像以上に美味しく炊けて思わずシャッターをポチッ^^
このご飯には、やっぱり取り立ての出汁で作ったお味噌汁〜♪
モバみその予定を、急遽お出汁をとったお味噌汁に。
あとは、美味しい糠漬けがあれば・・・。

我が家の糠どこちゃんも少しずつ美味しさを取り戻しているのですが、まだまだ愛情が足りないようです。(涙)
三種の神器がパーフェクトになることが、
本当の贅沢ごはんだなあ〜、と改めて思う休日の朝なのでした。
by kozo-track | 2010-11-14 10:55 | 玄米

食べきりサイズ

洋菓子店でケーキを作っていた名残と、
家事と仕事を両立していた頃の癖で、
特に保存のきくお料理は、
たいてい2倍、3倍量で作っちゃうんです。
たくさんの方が少ない量より出来上がりのブレが少ない気がして、
私にとっては作りやすいのです。

それが、時間に余裕のある生活になり、
幸せコースに通い始めてからは、
作る回数を増やしたくて、
食べきりサイズ(食べきれる量)を意識。
意識しないと、ついつい増量で作ってしまって(^_^;A

食べきれる量を作っていると、
洋菓子を学んでいた頃を思い出します。
ケーキ1台作るのは、ケーキ数十台作るより遥かに難しい。
材料の分量、混ぜ加減、焼き加減、見極めるポイント。
全ての工程を注意深く、五感を働かせなければ、
美味しく仕上がりませんでした。
でも、1台を美味しく作れるようになれば、
数が増えても(段取りは別として)大丈夫。

きっとあの頃、洋菓子の技術と同時に、
丁寧に作るという氣持ちの大切さも学んでいたのかもしれません。
f0213367_18264877.jpg

黄柚子をようやく見かけるようになりました。
立春の前日までが旬だということを、
この年になって初めて知る私(;^ω^)

少量で作る柚子味噌はあっという間。
あっという間で、最後のほんの少しの見極めが甘く、
硬めに仕上がってしまいました。
ふろふき大根の上にポテッとのせて、
トロ〜っとなる仕上がりを想像していたのに。(涙)
次回の課題です〜。
by kozo-track | 2010-11-13 18:30 | 料理