ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

米の国

Tプラス3.0L H22年度産コシヒカリ1000cc 水120% 浸水65m
f0213367_1463146.jpg

気温が急に下がりました。

 起きた時の肌や頸椎で感じる気圧、気温、湿度など
 米を洗う時の水温、その水に触れた瞬間の玄米の表情や変化。
 これらは炊飯する人間だけに与えられた(許された)
 一級のエンターティメントだと思うのです。

              むそう塾長10月27日の玄米投稿の記事より


人間には変えられない自然の変化を、
人間にしか与えられていない(許されていない)炊飯で、
その変化を感じ、楽しむ。

一級のエンターティメント。

同感です!
by kozo-track | 2010-10-28 14:37 | 玄米

お椀とマグカップ(追記しました。)

モバイル味噌汁 通称 モバみそ。(こちらの方が命名!)

講座では、出来立てを随時試食だったので、
帰宅後はまず、お弁当を持って行く方と同じように、
マグカップに仕込み、数時間後いただいてみることにしました。

変わりません!
「味噌っぽいの湯」ではなく、お味噌汁です。
また、あの時の感動がよみがえってきます。

そして夕食。
今度はお椀に仕込み、出来立てにお湯を注ぎました。
お味噌汁がこんなに手早くいただけるなんて!

そう思いながら、一方でこんなことも感じました。
「丁寧に出汁をとったお味噌汁がどんなに贅沢なものか。」

夕食、ゆっくりお椀でいただくお味噌汁は、
やっぱりお出汁でとったお味噌汁がいいなあ。

f0213367_2257164.jpg
もうそろそろ栗も終わりかな〜。
f0213367_23102163.jpg
今夜は栗ごはん。
そして、出汁をとって作ったお味噌汁。

そして朝、モバみその準備。
この手軽さ!
なのにこんなに美味しいお味噌汁!
これぞ、モバみそパワー!

やっぱりすごいです、モバみそ。
by kozo-track | 2010-10-26 23:01 |

第1回モバイル味噌汁と圧力鍋料理の会を終えて

f0213367_1614682.jpg
やっぱり福zenは美味しい〜♫


三種の神器が揃いました。

玄米ごはん
糠漬け
味噌汁

むそう塾と出会うまで、
この三種の注目度はものすごく低いものでした。

ごはんを「主食」としていただくことがいつの間にかなくなっていました。
糠漬けなんて自分で漬けたことがなかった上、漬け物を毎日食べる習慣すらありませんでした。
味噌汁はあってもなくてもどちらでもよかった・・・。

むそう塾と出会って、
この三種の存在がどんなに大切で大きいものかを教えていただきました。
そして、
この三種から季節感を十分に味わうことができることを知りました。

あ〜私、やっぱり日本人だあ〜。

毎日、美味しく炊けますように。
毎日、美味しく漬かっていますように。
あとは、このモバイル味噌汁があれば、鬼に金棒!

ご一緒させていただいた皆様、
美味しい味噌汁毎日のんで、
毎日あの写真のようなサクラほっぺの笑顔でいましょうねー。

どこを探しても、こんな講座ないです。
鳥肌を何度連発したことでしょう。
むそう塾を運営されているお二人に感謝します。
ほんまに、ありがとうございました!
by kozo-track | 2010-10-25 16:21 | むそう塾

登竜門

苦手なこと。
できれば目をつぶり、避けて通りたいと思ってしまいます。
それが自分の人生の中で、
大したことでない場合、それでもいいのかもしれません。
でも、それが今後の自分の人生をプラスに変えることだとしたら?
それも大きなプラスだとしたら?

自分の苦手だと思うことを拾ってみました。
すると、その元となることがみんな共通しているのです。

苦手なことって、根源が同じだなぁ〜って思いました。
それって自分に最も足りない要素ってこと?
だとすれば、それを克服しない限り、
きっとずぅ〜っと偏った人間のまんまだ、私。

もう、避けては通れないところに来ています。
少し大げさかもしれませんが、
今が人生の登竜門なのかもしれません。

大きく深呼吸。

よし!

見て見ぬふりをする のはもうやめないと。
少し手をつけるだけ はもうやめないと。

さあ、目を開けて続けられるか!
そして、克服できるか!

見物です。
by kozo-track | 2010-10-22 15:33 | わたくしこと

野口整体 操法の記録 第4回目

操法第4回目。

野口整体では、体が整うまでに「3つの反応時期を経過する」といいます。

1.弛緩反応→眠い・怠いなどの反応。
2.過敏反応→痛みなどの反応。
       特に古傷が治りきっていない場合は、
       その部分が痛む。
3.排出反応→咳、鼻水、熱、下痢、嘔吐、吹き出物などなど。
       人によって異なる。

この3段階の経過を終え、整体=体が整う とされています。

最近私はこの反応が3つ同時に出ているような気がしていました。
眠い・怠いは継続しながら、
左股関節が日に日に痛くなる。
痛みが強くなりながら、
急に発熱と左の鼻から鼻水が止まらなく出る。
(これはあっという間におさまりました。)
ふむ?こんなことってあるのかしら?
今日は先生にそのことをお伺いしようと思っていました。

それぞれの段階を経過していくのが基本ですが、
3段階の反応の出方は人それぞれのようです。
1つの反応が何年も続く人もいれば、
反応がなかなか出ない人、
私のようにほぼ同時に出る人・・・。
基本通りに経過するとは限らないということを知り、ひとまずホッとしました。

今回の指導では先生からこのようなコメントをいただきました。

体全体的には、ほぼ呼吸にあった動きをしています。
しかしながら、右足親指の動きが鈍いですね。
ここは排泄と深く関係しています。
この動きがよくなれば、排泄がもっとスムーズに出て来るようになるでしょう。

さらに続きます。

それにしても、君はかなり打撲をしてきていますね〜。
それがあちこち出始めています。
野口整体では打撲は体に強く影響するとされています。
打撲の多くはきちんと治っていないんです。
君は特に、尾骨。
あなた、これ相当ひどかったでしょ?
ここは感情と密接に関係しているので、
これが動き始めれば、パッと変わります。
精神が安定し、もともと持っている本来の明るさが出て来ます。
落ち着いているように見えますが、
本質はやんちゃタイプですね。(笑)
動き始めると、打撲した時と同じくらいの痛みが出ることを覚悟していて下さい。
でも、大丈夫、そんなに長くはありませんから。
活元運動を続けて下さい。


・・・。
こんなことまでわかるとは驚きです。

尾骨、、、ええとってもとっても身に覚えがあります。
by kozo-track | 2010-10-19 18:29 | 野口整体

農耕民族だなぁ〜

中川式玄米と出会い、
米を「主食」として見直すようになりました。
米の大切さを改めて実感しています。
と同時に思うことがあります。
日本人って農耕民族だなぁ〜って。

農耕って狩猟とは違い、
いつでも欲しい時(食べたい時)に収穫できるわけではありません。
春に種をまき、大事に大事に育てて秋に収穫。
取れる時期が決まっています。
しかもその間、予想できない自然災害が起こる可能性もあり、
毎年確実に同じ量を取れるとは限りません。

だから?
日本人は、
貯蓄をするし、
辛抱強いし、
譲り合おうとする。
穏やかで、
作業の1つ1つが丁寧で細かく、
季節を感じられる。

これが「日本人らしさ」なのかな?
だとしたら、
日本人の主食はやっぱり「米」!
米が日本人らしさを支えているように思います。

私は好きです、この国民性。
失いたくないなぁ〜日本人らしさ。

失うなよ、私。
by kozo-track | 2010-10-17 21:17 | わたくしこと

生きた陰陽学

f0213367_2319135.jpg

栗。
松茸。
具材1つ加わるだけで、
陰陽の差を感じました。

それが、五目ともなると・・・。
陰陽の差があっちこっちに。
バランスがとっても難しいです〜!

五目ごはんは難易度高し。
でも面白い!
生きた陰陽学だ〜!
by kozo-track | 2010-10-16 23:28 | 料理

まつたけにうめ〜ん♪

f0213367_2155390.jpg

うわぁ〜♡
麺をすする度に、松茸のかおりがふわぁ〜。
おつゆまで全て完食♪

ごはんとも違う。
お吸いものとも違う。
松茸のかおりが広がる広がる〜♪

いきさつ
by kozo-track | 2010-10-15 22:52 | 料理

父へ

戦中生まれの父は玄米を食べません。
色を見ただけで玄米だからと口にしようとしない。
昔食べた玄米のイメージが強いのだと思います。

でも、炊き込みごはんだったら?
しかも、松茸ごはんだったら?
f0213367_21143211.jpg
白米しか食べない父が食べてくれたら嬉しいなぁ。

f0213367_21145616.jpg
白米のように。
父が好みの少し柔らかめになるように。
そんな想いを込めて。

母から電話がありました。
by kozo-track | 2010-10-13 21:36 | 料理

とある会社のランチ事情

お昼のチャイムが鳴らない。
社員食堂は道を挟んだ別のビル。
食堂は社員の人数分の席はなく、
時間を分散して利用しなければならない。
時間分散しても満席状態。(どんだけ狭いねん!)
その為、社員食堂では社食を食べる人のみの利用が基本。
お弁当を広げている社員は見かけない。
かといって、商談ブースを解放するわけでもない。

外ランチを考えるも、結構な金額を払うのに、
ゆっくり味わう時間もなく、
行って並んでさっさと食べて戻らなければならない。

寛げるような公園も近くにない。

チャイムが鳴らないので、誰かが常に仕事をしている。
その為デスクでお弁当を食べる人は1人もいない。

・・・。

これで、仕事の効率がはかれるのでしょうか?
とっても疑問。
by kozo-track | 2010-10-12 21:32 | わたくしこと