ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

上司との縁

六本木ヒルズクラブ。

結婚のお祝いにと、当時働いていた職場の上司が私たち夫婦を招待下さったのが7年前。
そして、今度は夫の上司が普段遅くまで働いてもらっているからと、私たち夫婦に招待カードを下さった。

久しぶりに都内の夜景の見えるバーでのデートだった。
サンセットタイムから入店し、夕焼け色に色づく空を見ながら1杯。
アルコールが苦手な私はノンアルコールカクテルを注文した。
すっかり空が暗くなり、自然の明るさから人工的な明るさに変わる。

普段とは違う空間。
この空間が私たちを開放的にしてくれたようで、会話もまた普段とは違っていた。
彼は仕事に対する目標や失敗など、普段あまり口に出さないことを熱く語った。
そして私も自分が今思っていることを率直に話した。
お互い口調も穏やかで、すっかり和んでいた。

雰囲気につられ、2杯目はシャンパンベースのカクテルを。
by kozo-track | 2010-08-29 23:36 |

ゆるめる ということ

私、つくづく ゆるめる のが下手だなあと思います。

体の不調を告げると、返ってくる言葉のほとんどが、

体が締まり過ぎ。

体をゆるめましょう。

自分ではゆるめているつもりでも、体調がいまいちなのはゆるめていない証拠。
正直、ゆるめ方がわかりません。
どうやればゆるめることができるのか?
ゆるんでいる状態がどういう状態なのか?

どうしても、ゆるむ という言葉からは、
だらしない とか なまくら とか、
そういうことを連想してしまいます。
なので、無意識にゆるみ過ぎてはいけない! と思ってしまうのでしょうか?

うーむ。

私の体調を良くするために必要なこと、それは 体をゆるめる ことなんだけどなあ。
こんなに答えがはっきりしているのに、できないもどかしさがいつもありました。

それが、野口整体の初めての操法でクリアになった気分です。

私自身についての感想は・・・
by kozo-track | 2010-08-28 11:22 | 野口整体

野口整体 操法の記録 第1回目

野口整体では、個人指導のことを 操法 といいます。
ずっと受けたい!
(野口整体では 受ける ではなく 指導につく と言うそうです。)
と思っていた操法。ついに実現しました。

これからしばらくお世話になると思うので、その記録をこのブログに残そうと思います。

記念すべき第1回目
by kozo-track | 2010-08-26 11:06 | 野口整体

1周年

1年前の今日。
その日は、今日と同じように快晴。
残暑が厳しく、暑い日でした。

初めてむそう塾を訪れ、愛クラスを受講した日。
初めて中川さんと美風さんにお会いした日。
初めて福zen、そして中川式玄米ごはんをいただいた日。

中川さんや美風さんのお話に吸い込まれ、あっという間に過ぎた時間。
楽しさとこれからパスに向けて頑張らなきゃ!という緊張が混在していたことを思い出します。

この1年で変わったこと。

当時、我が家は1ヶ月2kgの玄米も消費できないほど、米を食べていませんでした。
それが、パス取得の為に毎日炊くようになり、段々パス品質になっていくのと比例するように、その消費量は右肩上がり。
今では、1ヶ月10kgでは足りないほどに。

主食に対する考え、これが大きな大きな変化でした。
そしてこの変化は、私が想像する以上に他の変化をももたらしてくれました。
今までの自分を心身ともに一掃するかのように。

主食が美味しく炊けること。
主食を美味しくいただけること。
ただそれだけ で幸せに思う。
ただそれだけ が大切なんだと思う。

心をこめて  
by kozo-track | 2010-08-24 11:59 | むそう塾

年を重ねる

誕生日。

私はこの日を 特別な日 とか 記念日 とか 
そういう思いをあまり強くいだいたことはありません。

小さい頃、多くの友人が「お誕生日会」とやらを催し、私もたくさんのそれに誘われた記憶がありますが、
私の場合、夏休み真っ最中なので「私の」は開いたことが1度もなく、
また、妹と1日違いなので、家族で祝ってもらうのも、どちらかの誕生日に「まとめて」ケーキを1ホール。
ろうそくの数はどうだったかな?
とにかく「自分だけの」という感覚はありませんでした。

大人になっても、夏休みシーズンには変わらないですし、おつきあいする彼が何故かこの時期にはいないことが多かった。

じゃあ結婚してからはどうかというと、
これも面白いもので、夫に今まで1度もお祝いしてもらったことはありません。

夫の考えはこうです。
その日の為に何か特別に企画したり、プレゼントを考えたりするのではなく、その日にこだわらず、これしてあげたい とか これプレゼントしたい というものができたその日にする。

結婚して初めての誕生日は、さすがにそれが理解できず、その日、結婚して初めて大喧嘩になりました。
誕生日に大喧嘩。
今となっては忘れない思い出ですね。(笑)



今年もその日は静かに過ぎていきました。
いつもより少〜しだけ、夫の帰宅が早かったかな?
だからといって、何を言われたわけでも、何をしてもらったわけでもなく、ただいつもと同じように時間が過ぎていっただけでした。

これからも、きっとこうやって年を重ねていくのだと思います。

こんな年の重ね方も悪くないかな・・・。

そう思えるようになった今年の誕生日。
by kozo-track | 2010-08-21 14:28 | わたくしこと

酢の物 甘酢と土佐酢

れんこんの「はしり」を見つけました。
なので、甘酢を復習。
甜菜糖で作ってみました。

出し酢は土佐酢仕上げ。
近海ものの真たことともに。

あっという間にできちゃった!
by kozo-track | 2010-08-19 20:26 | 料理

蒸し鶏のサラダ

夫婦二人暮らし。
夫は深夜帰宅。

なので、地鶏のもも肉やむね肉だと食べきれません。
でも、お手本を見てどうしても作ってみたくなり、地鶏のささみを使うことにしました。

ささみとなると、圧力鍋ではNG。
シラルガンの小鍋で、フタして蒸し煮状態で試してみました。
覚え書きと同じように、
水に塩、酒、生姜を入れて鶏肉半分くらいの水位で。
自然冷却。

ゴマだれ。
練り胡麻を醤油でのばし、甜菜糖そして水。
ここで、だまがなくなって、なめらかになるまでよくミキシング。
それから酢。
色が変わる。
そして、ごま油。
塩で味を整える。

陰陽を考えながら、、、一応自分なりに考えたつもりですが、
あっているかどうかは、、、わかりません。

こんな仕上がりになりました〜
by kozo-track | 2010-08-18 20:24 | 料理

なすのしぎ焼き そして・・・

なすのしぎ焼き って、甘めの味噌を塗って仕上げるものだと思っていました。
イメージ的にはなす田楽。
でも、師のお手本は生姜とおかかが添えられてあります。
イメージ的には焼きなす。

ということは、しぎ焼きのポイントはなすの火の通し方?
ま、とにかく、作ってみよう!

お手本の言葉
大事なのは短時間で強い陽を加えてアクを甘味に換える事。
油、鉄、炎のお陰さま。
牛蒡と違うのは材料が保つ陰性(水分)の違い。これがヒント。


鉄がないのでテフロンで 中火で
by kozo-track | 2010-08-18 00:52 | 料理

再び活元会

野口整体の活元会に初めて参加したのは今年の4月16日。
本部道場でのその体験はかなり衝撃的で、今でもはっきり覚えています。

ところがその後、1度別の道場に参加したきり、活元会に足が向かず、ぱったり滞っていました。

あれから3ヶ月が経ち、、、。
先日、ある道場を紹介していただく機会に恵まれました。
今まで遠のいていた氣が、行ってみよう!という氣に変わり、こうなったら善は急げ!
久しぶりに活元会に行ってみることにしました。

これこれ!この氣なんです!
道場に入った直後に感じた空氣、そして先生の雰囲氣。
本部道場ととても似ていると感じました。

先生のお話は実際に個人指導され方の実体験談がメインで、どんどん引き込まれます。

ヒトは自分が思っている以上に治癒力があるということ。
でも、それに気づかず、始めから他力に頼ってしまっているヒトが多いということ。
治したい!と思う氣(能動的)と治してもらおう!と思う氣(受動的)では治りの早さが全然違うということ。

マクロビオティックと通ずるものが多くあるような氣がします。
全ては自分の氣次第。

ご縁あって、そちらの道場の先生にお願いできることになりました。

活元運動再スタートです!
by kozo-track | 2010-08-16 10:26 | 野口整体

玄米ご飯のこと

夏は玄米ご飯が食べづらくなる。

どんなに暑くても
どんなに食欲がなくても
玄米ご飯、食べたくな〜い!と思った日がなかった今年の夏。
喉ごしのよい麺類に走ることがなかった今年の夏。

そして今日も炊きあがりました〜
by kozo-track | 2010-08-14 18:17 | 玄米