ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Dear 先輩

今日はむそう塾・幸せコース第一期生の交流会。

やっぱりむそう塾だなあ。
氣が整っている集合体のハレの日らしいお天気。
晴れ晴れとした皆さんのお顔が目に浮かんでいます。
私のところにまでドキドキ・ワクワクが届いています。
こういう気持ちにさせてもらえるのって何年振りでしょう?

お弁当講座・陰陽ひとり立ち講座・新年会・炊こう会・・・
そこでお会いできた先輩方。
また、ブログを通してお会いする機会があった先輩方。
実際にはお会いしていないけれど、ブログでお話させていただいていた先輩方。
幸運にも、たくさんの方と交流させていただきました。
皆さん、共通していて思っていらっしゃったのは幸せコースが「間違いなし!」の講座だということ。
お話を聞く度に、早く受講したくて、待ち遠しくてたまりませんでした。
そう思わせてくれた二人の師と55名の先輩方。
この後続く後輩として、自分のブログからですがお礼申し上げます。
そして、次に続く方にそう思っていただけるよう、私も頑張って襷を繋ぎたいと思います。

1年前、私はまだむそう塾の存在を知りませんでした。
思うこと。
1年後のことなんて実際どうなっているかわからない。
だから、今日という日を1日1日充実した日々を送ることが大切。
明日は今日の出来次第。
そして今日は自分次第。


ああ、今頃、吉兆のお食事をいただいているところなのでしょうね~。


本日はおめでとうございます。
429 至福の時間を過ごされていますように・・・。(間違いなし!ですよね^^)

そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。



From 後輩
by kozo-track | 2010-04-29 12:59 | むそう塾

こぞうのぼやき 2010/4/27

待つこと。

待っていることがある。
普段は何とも思わないのに、ほかの人のもとにやってきたことを知ると、何ともいえない切ない気持ちになる。

「むさぼる心」が私には、まだまだあるんだなぁ。

でも今日はツイッターでつぶやかれた方の言葉に救われた。
あまりにステキな言葉だったのでノートに書き留めた。
つぶやくだけではもったいない言葉だ。
(ツイッター上のつぶやきをご本人の承諾なしに綴るのは?と思い、控えました。)

よし!今は待とう。
信じて待とう。
氣を取り直す。

信じているから待てる。

言葉のチカラ

むさぼる心を0に
まごころの心を100に


ステキなつぶやきをありがとうございます。
コゾウ、ココデツブヤク・・・
by kozo-track | 2010-04-27 18:15 | わたくしこと

こぞうのぼやき 2010/4/25

夫は大きな仕事をクリアした時、決まって行きたいと言う店があります。
彼の中ではご褒美に食べるお料理なんだとか。
引越してからは気軽に行ける距離ではなくなった為、いつの間にかそのタイミングで訪れる店になりました。
そして、昨日がそのタイミングの日でした。

決して値段が高いわけではない。
コジャレタ雰囲気でもない。
でも、お料理は一流。
シェフの腕の凄さと心のこもった氣をいつも感じます。

食事を終えて、彼がシェフに言ったこと。

大きな仕事を追えた時、自画自賛することがあっても、
ここへ来ると「まだまだ」だ!と謙虚な気持ちに戻れるんです。
だから、ここへ来ることは自分へのご褒美でもあり、戒めでもあります。


そして、今朝ブログを見てみると・・・

自分のブログにも!
by kozo-track | 2010-04-25 20:51 | わたくしこと

423の玄米炊飯

いつもと変わらない米と米の量
いつもと変わらない水と水の量
いつもと変わらない塩と塩の量

昨日は本当に美味しく炊けました。

何となくしたことがあります。
それはデータや計算では導き出せないことです。
自分の感覚でそうしました。

4月23日の玄米ごはん
by kozo-track | 2010-04-24 07:45 | 玄米

読書欲

昔から読書が苦手です。

何故なのか?
どうして好きになれないのか?
自分でもよくわかりません。

読書好きな人に尋ねてみました。

すると、その人は・・・
by kozo-track | 2010-04-23 20:03 |

こぞうのぼやき 2010/4/22

ビートルズ “Hello Goodbye” の一部を抜粋。

You say yes, I say no
You say stop and I say go, go, go
Oh, no
You say goodbye and I say hello

誰にでもわかる、対照的な単語だけの歌詞。

人間の心のすれ違い
男と女の違い
陰と陽・・・

簡単で、単純で、シンプルなものでも、
深くて、味わいがあって、心に響くことがある。

名曲に教わる。

そして・・・
こちらからも

未来のむそう塾生さんに教わる。
オバちゃん、顔グズグズです・・・
by kozo-track | 2010-04-22 20:26 | わたくしこと

こぞうのぼやき 2010/4/21

桜鯛。

今日初めて知りました。
「この時期の真鯛」を「桜鯛」ということを。

桜鯛という品種があって、桜色しているからつけられたのかなあと思っていました。

春という季節、そして、この時期に産卵期を迎える為、鯛自体もほのかにピンク色になることからつけられたそうです。
ちなみに、夏の真鯛は「麦藁鯛」。

無知な私に親切に教えてくれた魚屋のおっちゃん。
「鯛はあますところなく使えるから、切り身より丸ごと買うのがオススメ。特に桜鯛はね。」
と言い、三枚卸の実演までしてくれました。
そして私はその実演された鯛を買いました。

来年は自分でさばけるはず。
今年は幸せコースで習うまで待つことにしました。
本音は・・・ただおっちゃんに甘えただけ。

幸せコース、楽しみだなあ。

おっちゃん、ありがとう。
by kozo-track | 2010-04-21 15:57 | わたくしこと

季節と玄米炊飯

春は曙
夏は夜
秋は夕暮れ
冬はつとめて

清少納言「枕草子」。
日本で最古のエッセイなんじゃないかなあと私は思っています。
春夏秋冬、季節ごとに感じる最も美しい時間。
1日の時間を春夏秋冬と対比させているところがステキです。

日本人はどの時代も四季を感じて生きている、四季を感じることができる。
日本人に生まれてきたことはかなりの確立で運があるのかもしれません。

そして、玄米炊飯も同じだなあと思います。
春夏秋冬を玄米炊飯で感じられる。
中川式玄米を炊かれる方ならきっと同じように感じているはず。

米と水
火加減とくゆり 
圧と蒸らし

こんなところから季節を感じます。
中川式玄米に出会わなければ味わえなかったこと。
これもかなりの確立で運があるってことですよね、きっと!
うん、間違いなし!

春の玄米炊飯
by kozo-track | 2010-04-21 11:50 | 玄米

こぞうのぼやき 2010/4/18

逆上がり。

一度もできたことがない逆上がり。

小学生の頃、体育の時間で初めて教わった。
いとも簡単にできてしまうクラスメイトを見て羨ましく思った。
負けずと毎日毎日練習したけれど結局成功することはなかった。
落ち込んだ。

その後、年を重ねても逆上がりのような経験をたくさんした。
その度に落ち込んだ。

でも、
逆上がりができないからといって困ることはなかった。

できるようになろうと努力することは大切だけれど、
できないできないと下を向いているくらいなら、
スパッと諦めて、
他に自分ができることを探す方が
あるいは自分ができることを伸ばす方が
人生プラスなんじゃないかと思った。

でも何故突然思い出したのだろう?

夫が言った。
「坂上がりならできるんじゃん?」

曇りのち晴れ
by kozo-track | 2010-04-18 20:11 | わたくしこと

活元運動

野口整体・本部道場の活元会に参加し、初めて活元運動を体験しました。

最初に熟練の方数名によるデモンストレーションが行われたのですが・・・
えええ~!
心の中で叫んでしまいました。
こんな運動見たことありません。
一言で言うと、「野生的」。
皆さん実に様々、1人1人全く違います。
穏やかな方もいらっしゃれば、激しい方もいらっしゃり・・・。
それほんとに自分の体のなすがままに動いているの?と少々疑いモード。

実際に自分でも、半信半疑で順序に従い行ってみると・・・
あれれ?
体が勝手に動いてしまうのです。
自分はただ体が動くままに身を任せているだけ。
それは不思議な感覚でした。

1人1人違う運動をするのはそれぞれ緩みたい箇所が異なるから。
だから体が無理してる!と悲鳴をあげることはないそうです。
それは激しい動きをされた方でも同じで、その証拠に直ぐに脈が正常に戻るのです。
本当に不思議です。
ちなみに私の動きはというと、恐らくマイルドかと・・・。
実際に自分の動きを見ることは出来ないので想像値でありますが、アグレッシブではなかったと思います。
下半身は動くことなく、上半身だけ動いていた記憶があります。

活元運動で感じたことは、人間の体は本来治す力を持っているということ。

しばらく、参加してみようと思います。
by kozo-track | 2010-04-18 19:48 | 野口整体