ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

カテゴリ:むそう塾( 60 )

きんぴらごぼう

もう何回目なのでしょう。
デモを見る度に理解が深まるので、見足りないということのないお料理の1つです。

最初は作る工程を追っかけるので精一杯でした。
復習し、できないわけが知りたくて、
ポイントを見つけようとしたのが2回目。

回数が増すごとに、見落としていたところ、気がつかなかったところ、確認するところなど、細かいチェックが増えていったけれど、
先日のデモはちょっと違っていました。

細かいところまで見ようとした先に視えたものは、
とてもシンプルなことでした。
うんうん。
首を大きくタテにふっている自分がいました。

季節によって、効能によって、食材や調味料が違うけれど、
基本は同じなんですね。
f0213367_121414.jpg

by kozo-track | 2013-10-02 12:07 | むそう塾

想い

想いをのせる。

そのためには、
自分自身の体調が万全で、エネルギーに満ちていること。
そして、
気持ちが穏やかであること。

陰陽バランスが整っていること。

鉄火味噌から、
とても大切なことを学ばせてもらいました。
ただただ感謝です。
f0213367_18373687.jpg

by kozo-track | 2013-09-09 18:46 | むそう塾

擂る

すり鉢とすりこぎ。

当たり前のようにキッチンにあって、
頻繁に使うようになったのは、
京都でお料理を教えてもらうようになってから。

それまでは、その存在すらも忘れていました。

胡麻和えは、市販のすりごまで作っていたし、
酢味噌にいたっては、市販の酢味噌を使っていたなぁ。

すり方は、お料理の数だけあるそうです。
そのくらい、微妙な使い方が幾通りもできることに驚きました。

まずは、基本のお料理。
3年前に教わっていながら、きちんとできていなかったことが判明。
今度はちゃんと身体に覚えさせます。

使わずにいたら、人生損するところでした。

香り豊かに。
味わい深く。
f0213367_1172157.jpg

f0213367_1164141.jpg

by kozo-track | 2013-08-21 15:28 | むそう塾

「和」える

「混ぜ合わせる」とは違うんですよね。

和えものに限らず、混ぜ合わせる工程を、
全て「和える」に意識を置き換えて作ってみたらどうなるのかな?

「和食」の基本中の基本なんだなぁ〜としみじみ思います。
f0213367_11114283.jpg

f0213367_11102212.jpg

by kozo-track | 2013-08-20 11:03 | むそう塾

気持ち新たに

春仕様から初夏仕様に炊飯をシフトチェンジ。
玄米をより軽やかに、食べやすく。

季節に応じて。
体調に応じて。
食べるヒトに応じて。

臨機応変に、いつでも美味しい玄米を炊飯できるようになりたいなぁ。

今日からまた新たな1年が始まります。
f0213367_5451895.jpg

by kozo-track | 2013-05-19 05:51 | むそう塾

修了式

4月は私にとって転機とも言えるくらい、
気持ちの変化がありました。
今までずっとずっと悩まされてきたこと。

自分を解放する。

ようやく、その扉が開き始めたという、確かな実感があります。
それは、自分が思っていた視点とは違っていました。
今まで、眠っていたもの、隠れていたもの(隠していたもの)、
それらを表に出し、余計なものは捨てて、
人生を思いっきり楽しもう!

今年の修了式は、私にとって区切りではなくスタート。
この流れに乗って、新たな気持ちで。
私らしく。
f0213367_8564725.jpg

by kozo-track | 2013-05-01 20:31 | むそう塾

「戻る」から「たどり着く」ところに

むそう塾、上級幸せコース再受講の1年が終わりました。

最後だった昨日、今まででもっとも濃くて深い1日だったような気がします。

最後とは、終了ではなく出発。
覚書の言葉をなぞって作るだけだと気がつかないたくさんのこと。
これらを全部感じ取れるように、新たなステージの幕開けです。

今はまだ、愛クラスに「戻る」ですが、
いつの日か「たどり着く」と言えるように。
f0213367_21404266.jpg

f0213367_2141688.jpg

f0213367_2141317.jpg

by kozo-track | 2013-04-22 21:42 | むそう塾

風呂敷の中に

結び目に、むそうグリーンの「む」と上級ブルーの「む」。

初めて美味しいと思ったお稲荷さん。
今まで作ったことがなかったお稲荷さん。
そのお稲荷さんが作れるように。

きゅっと結ばれている風呂敷にはたくさんの想いが詰まったお稲荷さんが包まれています。

今度は一から自分の手で。
その想いごと再現したいです。
f0213367_2103856.jpg

by kozo-track | 2013-04-01 21:19 | むそう塾

京都へ

昨日は京都でお料理を教わる日でした。
再受講だから、メニューは昨年と変わりません。
でも、同じメニューなのに、私自身の視点が変わると、
まるで新しいお料理を教わっているかのように感じます。

お料理を1品1品、単独で見ていた時とは見え方が違うなぁ。
なんでしょう。
少し、ほんの少しだけ一歩引いて見ようとすると、
いろいろなことがつながってきます。

菜の花のパスタひろうすデミグラスソース煮込み のせ。
春らしいのは菜の花だけではないパスタです。
春という季節に美味しいと感じる調理法、味付け。
濃厚なイメージのあるデミグラスも見た目から軽やか。
でもちゃんとコクがあって、菜の花ととってもあいます。

いつも新しい発見があるので、何回でも受講したい。
そう思わせる魅力が京都にあります。
f0213367_1459759.jpg

by kozo-track | 2013-03-18 17:06 | むそう塾

玉手箱 〜上級幸せコース第8回目〜

今回の上級幸せコースは、玉手箱を開けたようなひとときでした。

むそう塾と出会わなければ、
こんな職人技を知ることも、学ぶことも、
そして、もちろん自分が作ることもなかったんだろうな〜。

洋菓子を学んでいる時、
その世界の技を学び、練習し、ある程度モノにしてきましたが、
その時の感動とは全く違いました。
テクニカルだけでは表現できない美がそこにはありました。
ただの「技」だけではない「魂」のようなものを感じます。

年の初めにいただくお節とお雑煮。
1つ1つ願いをこめて、心をこめて。
そんな想いが見た目にもわかるように1つ1つ丁寧に。

f0213367_23225680.jpg
<鴨雑煮>
素材1つ1つ存在感があり色鮮やか。なのに上品。
まさにお正月にいただくにふさわしいお雑煮です。


f0213367_2323133.jpg
<菊花かぶとなます>
そうやるのかぁ〜!技法を口伝下さり思わず唸ってしまった菊花かぶ。
ちょんとのってある赤がたまりません。


f0213367_23233176.jpg
<あちゃら漬け>
私にとっては初めていただくものでした。
名前のとおり「酢のもの」ではなく「お漬けもの」。
菊花かぶとのお味の違いになるほど〜。

by kozo-track | 2011-12-13 19:04 | むそう塾