ブログトップ | ログイン

こ ぞ う 史

kozotrack.exblog.jp

カテゴリ:あいさつ( 5 )

ブログ再開します。

書きたくなった。
書いてみようかな〜。
そんな氣持ちが出てくるまでお休みしていました。

いつその日がやってくるのかわからない。
一生その日が来ないかもしれない。
それでも待ってみよう。

そして、1年2ヶ月が経ち、ようやくやって来ました。



私は、文章が苦手なくせに、とにかく「メモ魔」。
自分の記憶に自信がないからでしょうか?書き留めていないと不安でした。
意識的にメモをやめようとするも、
少し意識が緩むと、、、。
気がつけば、、、。

最近、自分がとったメモを読み返してみたんです。
もう、笑えます。
あまりに「これわかって書いてない」ってことが多過ぎて。
自分の中でちゃんと理解してとったならまだしも、
完全に相手が言ったことをそのまんま書いている状態。

でもそんな中に、自分が感じたことを書き留めていた箇所がいくつかありました。
「あ〜私、こんなこと思っていたんだぁ。」
それは、自分のちょっとした成長の記録のようでした。

確かに、誰かが言ったことをただコピーするのは意味がないけれど、その時、その時に自分が感じたことを書いておくのは悪いことではないんだな〜と思ったんです。

素直に感じたことをどこかに残したい、
という想いが私の中で芽生えました。



私が大好きな近所のお花屋さん。
隔週で自宅用にアレンジしていただいています。
今日は桃の節句。
今回は、そのイメージにあったものにして下さいました。

以前はお花をわざわざ自分たちのために買って、自宅に飾るという気持ちなんておこりませんでした。
でも今は、ちょっとあるだけで、お部屋がぱっと明るくなり、
氣が澄んでくる感じがします。

お花って毎日見てもあきないものですね。
いつもほっこりできるように一番目に入るところに飾っています。
f0213367_1523214.jpg

by kozo-track | 2013-03-03 00:00 | あいさつ

2011年の私

30代、最後の年越しを迎えています。

今年、私にとっての一番!は、
なんといってもむそう塾でのダブル受講。
来年の4月までそれぞれあと4回の講座を控えていますが、
ダブル受講ができたことに心から感謝しています。

この決断に至るまで、実は二転三転ありました。
最初は、ダブル受講という選択肢は自分の中で全くなく、
まさか月に2回京都に通うことになるとは、
想像もしていませんでした。

「縁」。
「タイミング」。
この言葉を強く感じた年でした。


本気とは言葉に出すものではなく、ただひたすら自分を信じて、
丁寧に向き合うことなのだと思いました。
周りはその姿を見て、本気を感じるのだと。

本気になれるもの。
本気にさせてくれるもの。
1つでいい。
そのたった1つ本気になれるものに、
来年も丁寧に向き合ってゆきたいと思います。
自分を信じて。

あとは、楽しくはっちゃけます!(笑)

今年1年ほんとうにありがとうございました。
そして、
来年もどうぞよろしくお願い致します。
by kozo-track | 2011-12-31 21:45 | あいさつ

好きーーー!

食べることが好きです。
本当に好きです。
他の欲よりズバ抜けて深いのだと思います。
なんでこんなにもまあ、興味が湧いてくるのでしょう?
自分でもわかりません。
でも、好きなんです。

不器用でもお料理が好き。
お料理を引き立たせる器を見るのが好き。
食材のことを知るのが好き。
使いやすい道具を選ぶのが好き。
美味しいものを探すのが好き。

私の「好き」のほとんどは「食」にありました。

思えば、勤め先も食に関わる会社でした。
手に職と、選択したのも食。
父は食品メーカー勤務でしたし、夫も食品メーカー勤務。
そして、名前に同じ一文字があるご先祖様は料理人。

きっとずっとこの好き!は変わらないと思います。
私が注ぐエネルギーはここなのだと思います。

好き!をお伝えしたい、そう思い、ブログを再開します♪
もちろん、違うネタも登場しますが、恐らく食い気満載。(笑)
よろしければ、時々覗いてやって下さい。

どうぞ、よろしくお願い致します。
by kozo-track | 2010-09-26 11:03 | あいさつ

ちょっとだけ

私にとって、とっても大切で、とっても想いのあるこのブログ。

こぞう史

でもちょっと休憩したいと思います。

今、
文字を見たり、
文字を書いたり、
文字に触れることがとても苦痛なのです。

むりくり言葉にするものに、
私の本心はなく、いい氣が流れているはずがありません。
せっかく来て下さった方にとっても失礼ですし、そうさせてしまっている自分自身もとっても嫌なのです。

前を向いていたいから。
ちょっとだけ休憩します。

ちょっとだけ。
by kozo-track | 2010-09-18 10:53 | あいさつ

あしあと

私が一番熱中していたことから離れようと決めた時
私に残るものは何だろう?
何も残らない・・・そう思っていました。
でも違う。
そこには 私のあしあと が残っている。
無駄なものなど何もない。

ならば、ここに残してゆこう。

歩き続け、お婆ちゃんになっても「こぞう」のあし。

あしあと
それは
確かなもの 

皆様どうぞよろしくお願い致します。

ご挨拶に代えて
子象
by kozo-track | 2010-02-10 21:52 | あいさつ